ベビースキンケア

ベビースキンケア
スポンサードリンク

赤ちゃんの肌を守ろう!ベビースキンケア

ベビースキンケア
白くてふっくらとやわらかく、透き通るようにみずみずしい。そんな赤ちゃんの肌は、成長途中でとても繊細です。皮膚の厚さは大人に比べて、約半分ほどしかありません。そのためにバリア機能が弱く、外部刺激の影響も受けやすいです。汗や紫外線、エアコンによる乾燥、冬から春の空気が乾燥する季節は、皮膚の乾燥などあり、角質層の薄い赤ちゃんは肌トラブルが起きやすいです。バリア機能を保つために、大切な、肌本来の潤い成分のセラミドの働きを守って、潤いを補ってあげるために、しっかり、スキンケアして赤ちゃんの肌を、外部刺激から守ってあげましょう。

 

スキンケアは、肌と肌のふれあいの時間です。言葉では伝えきれない愛情を、手の平で届けてあげてください。赤ちゃんもきっと喜ぶはずです。

 

ここでは赤ちゃんの肌のことをもっと知って頂きたいので、赤ちゃんの皮膚のこと、赤ちゃんの肌を守るための正しいケアの仕方、気になるアトピー性皮膚炎のこと、敏感肌の赤ちゃんのための生活環境づくり、赤ちゃんのスキンケアにはどんなものを使ったらいいかわからない人のためにスキンケアグッズの疑問に答えるなど、様々な赤ちゃんのスキンケアケアについてまとめてありますので参考にしてください。できることから始めてみるといいですよ。そして、赤ちゃんのすこやかな肌を育ててあげましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

ベビースキンケア記事一覧

赤ちゃんの肌が弱いってどういうことか?赤ちゃんの肌はみずみずしいので乾燥しやすいというイメージがありませんが、でも、実は赤ちゃん時代は、一生を通じていちばん皮脂の少ない時期です。生後2ヶ月くらいまでは性ホルモンが出ているので脂っぽくなり、脂漏性湿疹ができやすくなりますが、生後2ヶ月を過ぎて性ホルモンが消えると、次に皮脂が出るのは思春期です...
詳細を見る
とても薄くて表面はカサカサの赤ちゃんの肌。肌にとって大切な役目であるバリア機能を守るためにいちばん大事なスキンケアについて紹介します。汚れを落とす皮膚には空気中のホコリや最近、ウイルス、そして汗など汚れが付着しています。赤ちゃんの場合、皮膚の厚さが大人の半分ととても薄いので、異物が外から侵入しやすいです。毎日きれいにしてあげることが、肌の...
詳細を見る
アトピー性皮膚炎という病気についてアトピー性皮膚炎は皮膚の病気です。アトピー性皮膚炎は、食べ物でおこると思っている人も多いですが、しかしアトピー性皮膚炎そのものは、胃にはいった食べ物でおこる病気ではないのです。アトピー性皮膚炎は、生まれつきのアトピー体質による「皮膚の異常」です。そしてその皮膚の中でも角層と呼ぶいちばん外側にある層に、遺伝...
詳細を見る