赤ちゃんの肌について

赤ちゃんの肌について
スポンサードリンク

赤ちゃんの肌はどうなっているか?

赤ちゃんの肌について

赤ちゃんの肌が弱いってどういうことか?

赤ちゃんの肌はみずみずしいので乾燥しやすいというイメージがありませんが、でも、実は赤ちゃん時代は、一生を通じていちばん皮脂の少ない時期です。生後2ヶ月くらいまでは性ホルモンが出ているので脂っぽくなり、脂漏性湿疹ができやすくなりますが、生後2ヶ月を過ぎて性ホルモンが消えると、次に皮脂が出るのは思春期です。

 

子供時代は皮脂が非常に少ないので、だからトラブルも多くなります。『皮脂』というと大人の肌には悪いイメージがありますが、皮膚の乾燥を防いだり、有害物質の侵入を防いでくれる大事な役割があるのです。

 

赤ちゃんの皮膚について

空気中には最近やウイルス、アレルゲン(ホコリやダニなど)がいっぱい。これらが体内に入り込んで悪さをしないよう、皮膚が防御壁となって守ってくれています。防御の最前線にあるのが『角層』という部分ですが、角層は大人でも0.1mm以下の薄さで、赤ちゃんはさらに薄いのです。ちょっとした刺激や乾燥で隙間ができたりはがれたり。刺激物などが侵入しやすくなります。本来肌の表面は汗と皮脂がバランスよくまじった乳液状の『皮脂膜』でおおわれ、ワックスを塗ったように角層を守ってくれるのです。しかし。赤ちゃんは皮脂が少なく汗をかきやすいため、皮脂膜がうまくつくれません。

 

保湿剤は赤ちゃんの肌を守ってくれる

ただでさえ、赤ちゃんの角層は薄いので、角層は、乾燥や刺激などで簡単に傷つきひび割れてしまいます。その隙間から、汗や口のまわりについた離乳食の塩分、空気中の有害物質が入り込み、赤くはれたり湿疹ができたり。皮膚の内側にある水分も、この隙間から逃げ出していしまいます。赤ちゃんがよだれがつくと肌が荒れるのはこのような理由からです。

 

このような赤ちゃんの肌を守ってあげるためには、乾燥を防ぐことが欠かせません。赤ちゃんに足りない皮脂膜を、人工的につくってあげることが保湿剤の役割。肌の皮脂分泌が盛んになる10才ごろまでは、アトピーであろうとなかろうと、保湿剤で守り続けて。

 

卵で反応があるのはアトピーと関係があるのか?

ときどき肌が赤くなるので、いつかアトピーになるんじゃないかと心配なママも多いと思います。全卵を使った離乳食を赤ちゃんに食べさせたらバーッと湿疹ができてしまい、翌日には湿疹が消えたけど、アトピーか心配なんてことも。

 

赤ちゃんは1才未満の時期は小腸の粘膜も未熟なので、タンパク質をじょうずに分解できません。そのため、口の粘膜や胃の粘膜で反応して「体はそれを受け付けないよ!」というサインを出します。これはアレルギーではなく、「食物不耐」といいます。湿疹=アレルギーではありません。赤ちゃんは内臓が未熟なので、「食物不耐」というアレルギーに似た反応がおこることがあります。

 

小腸が発達するのは1才半から3才ごろ。そのころにはタンパク質を消化する力もついてくるのでひと安心。それでも魚卵や生もの(刺身など)をあげるときは注意しましょう。2〜3才になってから、加熱したものを少しずつ様子を見ながら与えるといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの肌について関連ページ

赤ちゃんの肌を守るためのスキンケア
赤ちゃんの肌は、皮膚の厚さが大人の半分ととても皮膚が薄いので、異物が外から侵入しやすいです。毎日きれいにしてあげることが肌の健康に大切です。優しく洗ってあげてやさしく拭いてあげましょう。そして保湿をしっかりしてあげましょう。赤ちゃんにとって大事なスキンケアの手順について紹介します。
アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎という病気について解説しています。アトピー性皮膚炎は、食べ物でおこると思っている人も多いですが、しかしアトピー性皮膚炎そのものは、胃にはいった食べ物でおこる病気ではないのです。アトピー性皮膚炎は、生まれつきのアトピー体質による「皮膚の異常」です。新生児期からの保湿がアトピー性皮膚炎になるかどうか決めることになるので、我が子をアトピー性皮膚炎にしたくなければ、生後すぐから保湿をしましょう。