アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎
スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎という病気

アトピー性皮膚炎という病気

 

アトピー性皮膚炎という病気について

アトピー性皮膚炎は皮膚の病気です。アトピー性皮膚炎は、食べ物でおこると思っている人も多いですが、しかしアトピー性皮膚炎そのものは、胃にはいった食べ物でおこる病気ではないのです。アトピー性皮膚炎は、生まれつきのアトピー体質による「皮膚の異常」です。そしてその皮膚の中でも角層と呼ぶいちばん外側にある層に、遺伝子が見つかっています。

 

角質細胞は、大変大切な免疫の働きをしています。そのひとつは、私たちの体の中に外側からの有害物質が侵入してこないように守る役目をしています。この役目をバリア機能と呼びます。アトピー体質の人は、角層のバリア機能が低下しているため、皮膚の手入れをまったくしないでいると、自分の汗でもアカでも、また細菌やウイルスなどの微生物、空気中の有害物質などが毎日毎日侵入してしまうと考えなければなりません。

 

角層から有害物質が侵入すると、数時間で「湿疹」ができます。アトピー性皮膚炎の「皮膚炎」とは。この「湿疹」のことをさしています。

 

 

赤ちゃんの皮膚とアトピー性皮膚炎

ほとんどのアトピー性皮膚炎は、赤ちゃん時代に始まります。それはなぜでしょう?赤ちゃんの皮膚は、誰でも薄くて傷つきやすそうだということはわかると思います。でもしっとりスベスベで理想的なものだとも思われています。実は表面がカサカサだということは、まったく知られていません。乾燥しているということは物質が侵入しやすいということです。つまり、どの赤ちゃんもバリア機能は弱いので湿疹をおこしやすいのですから、アトピー体質がある赤ちゃんは、よけいに湿疹ができやすいわけです。

 

 

新生児期からの保湿がアトピー性皮膚炎になるかどうかを決める

現在では、アトピー性皮膚炎は、防ぐことのできる病気だと考えられるようになりました。アトピー性皮膚炎になるか否かを決めるのは、皮膚のバリア機能です。有害物質が体内に入り込むのを遮断する皮膚の防御力のことをバリア機能と呼びますが、その最前線に立つのが角層で、角質細胞がレンガのように積み重なって防御壁を築き、外部からの有害物質をシャットアウトしています。しかし、アトピー性皮膚炎の子の角層は、多くの場合ボロボロです。水分が抜け、角質細胞が破壊され、有害物質が次々入り込み、その結果、ホコリやダニのアレルギーになることもあります。

 

では、なぜ角質がボロボロになるのか?それは新生時期から始まっています。生後すぐの赤ちゃんは、皮脂の分泌量が多く、にきびや脂漏性湿疹ができるほどです。しかし、それは部分的に多いのであって、羊水から出てきたとたんに乾燥は始まります。そして生後2ヶ月には、皮脂量がガクンと落ちます。これが危機の始まりです。皮脂は角質細胞の外側にラップのように膜をつくり、角層の乾燥を防ぐ役割を果たしていますが、それが現象するので角質はスカスカに。かゆみも強いため、指先やつめでひっかいて、各層を傷つけてしまいます。我が子をアトピー性皮膚炎にしたくないなら、生後すぐからの保湿がカギです。毎日何回も保湿し、それを皮脂量が増える思春期まで気長に続けます。

 

 

 

スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎記事一覧

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、80%は2才ぐらいまでによくなります。アトピー性皮膚炎は皮膚の病気なので、まず塗り薬が治療の主軸です。それと同時に大切なことは、保湿や角層を守るための日頃のケアです。炎症があるときのアトピー性皮膚炎の治療は、赤ちゃんでもステロイド剤の塗り薬を使います。ステロイド剤の塗り薬は、症状の程度に応じて、強さのランクが...
詳細を見る
薬は1日3回、1〜2週間塗り続けるアトピー性皮膚炎の症状は皮膚に出ます。アトピーと診断されたら、皮膚を正常な状態に戻す治療を始めましょう。まずは、湿疹や赤みなどの炎症と、かゆみを抑えなくてはいけません。そのために必ず使いたいのが、ステロイド剤の塗り薬です。目安は、朝の着替えの時、お昼寝の後、夜のお風呂上がりの1日3回、1〜2週間塗り続けま...
詳細を見る
普通の人にとってはなんていうことのない物質も、アトピー性皮膚炎の子にはたまらない刺激になる可能性があります。生活環境を整えることも肌トラブルの改善につながります。敏感肌の赤ちゃんのための環境づくりの方法を紹介します。できることから少しずつ始めてみましょう。空気を清潔にする基本は換気です。寒い季節でも、朝起きたら部屋の窓を開けることを習慣に...
詳細を見る
赤ちゃんの肌にやさしい洗浄料はとんなものですか?石鹸を使うと、どうしても肌はアルカリ性に傾いてしまいます。でも、肌本来は弱酸性。洗浄料も弱酸性のものを使うといいでしょう。頭皮にはベビー用のシャンプーを使うといいです。石鹸では頭皮に石鹸カスが残ってしまい、頭皮の脂も落ちにくいです。実は、脂漏性湿疹のひどい子は、石鹸で頭を洗っている子も多いの...
詳細を見る