ツナと豆腐の小鍋仕立て

ツナと豆腐の小鍋仕立て
スポンサードリンク

ツナと豆腐の小鍋仕立て

ツナと豆腐の小鍋仕立て

女性ホルモンの働きを補うなら、良質なたんぱく質やビタミン・ミネラル類をしっかりと摂取することです。このおすすめレシピには、豆腐とかつおぶしで良質なたんぱく質がしっかりと摂れて、さらに、大豆に含まれている『イソフラボン』には女性ホルモンに似た働きをする効果があるので大変有効な食材です。そして、ツナにはビタミンEがたっぷり含まれて、野菜類でしっかりとビタミン類などが補給できる素晴らしいレシピとなっています。とっても簡単で美味しいので定番料理にどうぞ!

 

1人分:約250kcal
料理時間:約15分


 

 

材料(1人分)

ツナ缶詰・・・(85g)
木綿豆腐・・・1丁(300g)
はくさい・・・2枚(200g)
万能ねぎ・・・1/2束(50g)
かつおぶし・・・1パック(4g)
☆水・・・1カップ
☆しょうゆ・・・大さじ1、1/2
☆酒・・・大さじ1

 

 

作り方

@とうふは12等分に切る。はくさいは軸の部分を2cm幅に、葉は4cm位に切り、万能ネギも4cm位に切ります。
A土鍋に白菜の軸を並べて、☆を加えてふたをして5分くらい煮込みます。
B中央に豆腐とツナをのせて、まわりに白菜の葉を入れて再びふたをして5分煮込みます。ねぎとかつおぶしをのせてひと煮立ちしたら火を止めて完成です。

スポンサードリンク

ツナと豆腐の小鍋仕立て関連ページ

カリカリ高野どうふ
女性ホルモンの働きを補う簡単で美味しいレシピの紹介です。女性ホルモンの働きを助けるには大豆製品が一番です。このレシピは高野豆腐を使い、大根との組み合わせでお肌活性にもよい料理なのでぜひ調理して食べてください。