美肌をつくる方法

美肌をつくる
スポンサードリンク

美肌をつくる方法・基本のルール

美肌をつくる

 

 

美肌をつくる

 

人の見た目は肌で決まるといわれるほど、肌は人の印象を左右する大きな要素です。そして肌は、その人の健康状態や心の状態をうつす鏡でもあります。

 

不規則な生活をしていると、肌は荒れてしまうし、ストレスがたまると、体内に活性酸素を発生させ、しわやたるみなど肌の老化を促進してしまいます。

 

 

一生懸命スキンケアしているのに、全然きれいにならないと感じている人も多いです。

 

化粧品や美容情報は、たくさん世の中にあふれていますが、どれを信じて、実践したらよいかわからなくなり迷うこともあるでしょう。

 

だけど美肌の基本ポイントは、とってもシンプルなのです。

 

一つ目は、食事や睡眠など毎日の生活に気を配ること。

 

二つ目は、自分の肌を知り、自分に合ったお手入れをすること。

 

肌は、毎日大切に育てていくものです。美肌をつくるためには、何よりも毎日の生活に気を配ることが大切です。奮発して高価な化粧品を買って使うよりも、質のよい睡眠をきちんととり、バランスのよい食事を心がけて、適度に運動をして、体の中から調子を整えることのほうが、肌のためにずっとよいのです。美肌の基本を守ることが美肌をつくるための近道と心得ましょう。

 

そして、きれいな肌は体の中からつくられることを覚えておきましょう。

スポンサードリンク

美肌をつくる記事一覧

体の中から健康な美肌をつくるためには、毎日の生活習慣を見直すことが最も大切です。毎日しっかり食事を摂り、バランスよく食べて、どんなものを、どのように食べれば良いのかを知って、体によい食習慣を身につけたり、質のよい睡眠をきちんととることを心がけたり、ウォーキングやストレッチなど適度な運動で体の血行をよくしたりなど、簡単に自分で実践することが...
詳細を見る
徹夜明けに、肌がガザガザしてしまったという経験をしている人も多いのではないでしょうか?これは、主に寝ている間に起こる肌細胞の分裂が行われず、肌の生まれ変わりが妨げられるために起こります。寝不足が続いた時も同じです。つまり、寝不足の人の肌には、前日や前々日の古い肌細胞がくっついたままになっている状態です。見た目に明らかな、くすみや肌あれが起...
詳細を見る
体の中から美肌をつくるためには、毎日食事をしっかり摂ること、そしてバランスよく食べることが大切です。どんなものを、どのように食べればよいのかを知り、体によい食習慣を身につけて、美肌をつくりましょう。1日の栄養摂取量の目安平均的な20代女性の場合では、総エネルギー=2500kcal炭水化物=ご飯茶碗3杯+いも100g+食パン1枚程度たんぱく...
詳細を見る
美肌を保つには、紫外線対策、正しいスキンケアが大切ですが、それだけでは美肌を作り続けることはできません。知っているかもしれませんが、お肌は食事の栄養から作られます。お肌に効果的な食材を意識して摂取するようにしてください。5大栄養素+フィトケミカルをしっかりとバランスよく摂取することが美肌への近道です。ビタミンCを豊富に含む食べ物ビタミンC...
詳細を見る
トマトが美肌によいというのをご存知でしたか?トマトには、消化促進や解毒作用があり、暑さでほてった体を冷ます効果もあります。トマトの赤い色はリコピンという成分によるものです。体内の活性酸素を消去するカロテノイドの一種で、メラニンの生成を促進する活性酸素を消去する力が高く、しみ、そばかす対策に大変有効な成分です。カロテンやビタミンB1・B2、...
詳細を見る
美肌によい飲み物を紹介しています。温かいお茶は肌にも体にもよいです。美肌効果があるいろいろなお茶はと麦茶穀物のはと麦を煎じたもの。香ばしい味わいで人気があり特徴のひとつです。利尿作用があり、老廃物を排除し、むくみに効果的です。また、はと麦には古くから肌をうるおし免疫を高める作用があるといわれているので、ニキビや肌荒れが気になるときにもおす...
詳細を見る
美肌をつくるスキンケア P64〜美肌のひみつ P56〜最近は、水をとにかく飲んだほうがよいと信じて、一生懸命飲んでいる人が多いです。でも、のどが渇いていないのに飲むのは、お腹がすいていないのに食べるのと同じで、体には有害なことです。水を飲めばやせると思っている人もいますが、水をたくさん飲めば代謝が上がるというのもウソです。飲み過ぎると、腎...
詳細を見る
鮮度のいい葉野菜とフルーツ、水をブレンダーにかけて作るスムージーは、生きた酵素と食物繊維が豊富。体への負担が少ない食物性のアミノ酸を生きた状態で摂り込めるので、低刺激ながらも、直接消化器官に働きかけて腸環境をリセットする効果があります。太陽の恵みをたっぷり浴びた葉野菜には、デトックス効果があります。スムージーを摂るとお通じがスムーズになり...
詳細を見る
パソコン作業などで、1日中座りっぱなしという人も多いでしょう。運動不足が健康やダイエットのためによくないことはご存知かと思いますが、じつは美容面でもマイナスなことばかりです。まず血行が悪くなるので、クマができやすくなります。新陳代謝が下がり、肌がスムーズに生まれ変わらないため肌荒れしやすく、シミやシワなどの肌老化も進行しやすい状態になりま...
詳細を見る
バスタイムも美肌づくりに生かしましょう!ただし、お風呂は長く入ればいいというものではないです。間違った知識をもったまま、あまり効果の期待できない入浴を続けている人も多いですが、せっかく、毎日入るお風呂の時間。ポイントを抑えて楽しく賢く入浴しましょう。お風呂の温度はどのくらいがいい?ふだんは全身浴で、40℃前後のお湯に10分浸かれば十分です...
詳細を見る
肌に影響を与える女性ホルモン女性の体調や気分、肌の状態は、女性ホルモンの働きによって、大きく影響を受けます。女性ホルモンはおおまかに分けてふたつあり、どちらも女性の健康や出産に欠かせないものです。エストロゲン(卵胞ホルモン)子宮や卵子の発育を促すホルモンです。体内で最強の抗酸化物質といわれていて、肌老化を防ぎます。若々しい美肌を維持するた...
詳細を見る
ストレスは万病のもとといわれていますが、健康を害するだけでなく、あらゆる肌トラブルの原因になります。ストレスは体内に活性酸素を発生させ、シワやたるみなどの肌老化を促進させます。肌の輝きが失われ、免疫力が低下するので、肌がくすんだり、ニキビもできやすくなります。さらにホルモンバランスが乱れて肌が荒れ、自律神経も乱れて安眠できず肌代謝が低下し...
詳細を見る
食事だけで完璧な栄養摂取を目指すのは、忙しい女性にとっては大変です。そこでおすすめしたいのがサプリメントの活用です。さまざまな食品から必要な栄養素を抽出したサプリメントを利用することで、自分に必要な栄養素を簡単に効率よく摂取することができます。健康維持に必要なビタミンは1日100ミリグラムですが、美容に必要なビタミンとなると2000ミリグ...
詳細を見る
年をとってくると誰でも、肌や骨、血管は老化していきます。しかし、肌年齢や血管年齢は人によって大きく違ってきます。この体の実質年齢のちがいを左右する成分がコラーゲンです。体内にコラーゲンがたっぷりある人は、肌も美しく弾力性のある関節をもっています。若々しい美肌や病気を寄せ付けない体を手に入れるためにコラーゲンを食事やサプリメントから積極的に...
詳細を見る
美肌をつくるためには、肌に直接触れる下着&洋服選びも慎重になりましょう。賢い下着&洋服選びで、いつもきれいなボディを保ちましょう。夏の薄着には注意しよう夏に色の薄いTシャツを来ていると、夏は方や背中が日焼けしてしまうことがあります。日差しの強い夏に、外を歩くときは薄手のジャケットやカーディガンなどをはおりましょう。靴選びも慎重に足を締め付...
詳細を見る
美肌をつくるメイクのコツを紹介します。肌にトラブルがあるときでも、うまくメイクをすれば隠れてしまいます。上手にメイクしましょう。肌のトラブルをメイクで隠そう毛穴が目立つときは?毛穴カバー用の化粧下地をつかってみみましょう。練り状でかためのものがおすすめです。⇒毛穴のケア方法はこちらニキビを隠したいときは?赤みが気になる部分だけコンシーラー...
詳細を見る