美肌に睡眠

睡眠
スポンサードリンク

美肌のための質の良い睡眠のとりかた

美肌をつくる睡眠

徹夜明けに、肌がガザガザしてしまったという経験をしている人も多いのではないでしょうか?これは、主に寝ている間に起こる肌細胞の分裂が行われず、肌の生まれ変わりが妨げられるために起こります。寝不足が続いた時も同じです。つまり、寝不足の人の肌には、前日や前々日の古い肌細胞がくっついたままになっている状態です。見た目に明らかな、くすみや肌あれが起きるのは、当然のことといえます。寝不足の日が続いていれば、ニキビの原因にもなります。つまり、睡眠は、肌の状態に大きな影響を与えるのです。

 

毎晩、肌細胞が生まれ変わるためには最低でも6時間の睡眠時間が必要です。それ以下だと、肌荒れが起きやすくなってしまいます。たっぷり寝るだけでなく、質のよい睡眠をとることも大切です。

 

美肌に睡眠が必要な理由は?

昼間起きて活動しているときは、血液のほとんどが脳に集まり、肌に栄養は届きません。眠っている最中は、血液は体の各部に流れて酸素と栄養を配るので、肌にも栄養が届きます。肌は寝ている間に生まれ変わるのです。

 

美肌をつくる睡眠のとり方は?

肌のゴールデンタイムといわれる「午後10時〜午前2時」。だけど、午後10時に眠りにつくのはむずかしいものです。就寝時間は少なくても12時半をすぎないようにすれば、肌に大きな影響はでないようです。

 

眠りについて最初の3時間が重要

眠りについて最初の3時間。この時間に成長ホルモンが分泌され、それによって肌がキレイになります。成長ホルモンは体内時計の影響を受けるので、毎日なるべく同じ時間に寝るようにすると、深く質のいい睡眠がとれ、美肌効果もアップします。

 

睡眠は最低でも6時間必要

肌の再生は、最低でも6時間はかかるといわれています。睡眠時間が6時間を下回ると肌荒れしやすくなってしまいます。また、肌の再生は毎日行われていますから、「平日は4時間睡眠、週末にまとめて寝だめしよう」といって寝だめで挽回しようとするサイクルでは肌はきちんと再生されない、寝だめで挽回しようとしても無理です。

 

睡眠の質も需要

最近、不眠の人が増えていますが、寝つきが悪い(1時間以上かかる)、夜中によく目が覚める、などという人は睡眠の質を見直してみましょう。不眠の人は、夢を見たりちょっとした物音で目を覚ましたりします。この状態では、皮膚に栄養がいきわたりません。最近ではパソコンを長時間使う仕事の人が増えて、脳ばかり緊張していて体が疲れていないため、不眠になりやすいようです。ストレスも不眠の一因です。まずはよく体を動かすことが、不眠の改善には一番です。

 

良質の睡眠をとり美肌を手に入るために

良質のよい睡眠をとるために

照明

脳への刺激を少なくするためにも、眠っている間は真っ暗にするのが理想です。また、夜は眠る2時間ほど前から、間接照明などの明るさを抑えた照明にすると、心地よく眠りにつくことができます。

 

パジャマ

綿などの肌触りがよく吸収性のいい素材で、体を締めつけないものを。上着をズボンの中に入れると冷え防止にもなります。ショーツは2枚重ねてはくのがおすすめです。

 

首のためには、仰向けで寝ることが理想です。枕は仰向けで寝た時に、首の骨の自然なカーブが保てるものを。女性の場合後頭部までの高さが12mm〜15mm程度。案外低めです。

 

敷布団

敷布団は薄めで、下にかためのマットレスを敷くといいです。

 

掛け布団

羽毛などの吸水性と保温性のあるものを。とくに冬場は、保温力の高い羽毛布団の上に毛布をかけると、温かい空気が逃げません。

 

シーツ

夏は汗をよく吸う綿や麻素材、冬は温かい起毛の綿素材などを。フラノやネルなどがおすすめです。

 

 

眠りにつきにくい人へ

寝つきが悪い人は
寝つきが悪いという人は、脳を刺激するテレビやパソコンを夜は見ないこと。音楽を聴いたりストレッチをしたりしてリラックスして。不眠に効果があるカモミールティー、アロマセラピーならスイートオレンジなどのエッセンシャルオイルと使うのもおすすめです。

 

 

スポンサードリンク

睡眠関連ページ

生活習慣
体の中から健康な美肌をつくるためには、毎日の生活習慣を見直すことが最も大切です。食事をしっかり摂り、質の良い睡眠を心がけ、ウォーキングなどの運動で体の血行をよくしたり、自分で実践できることを日常生活の中で続けていくと、肌に成果が現れます。美肌のために生活習慣を改善しましょう。
食事
体の中から美肌をつくるためには、毎日食事をしっかり摂り、バランスよく食べることが大切です。美肌には外食より自炊のほうがおすすめです。工夫して栄養のあるものを食べましょう。どんな食事をとったらよいかを学びながら、体によい食習慣を身につけて、美肌をつくりましょう。
食べ物
美肌を保つためには、お肌に効果的な食材を意識して摂取するようにしてください。美肌をつくる食べ物を食べて肌状態をよくしましょう。肌の悩み別に効果のある食べ物も紹介しています。体の中からきれいになりましょう。
トマト
トマトは美肌によいというのを知っていますか?トマトの栄養成分が肌の若返りを助けます。美肌によいトマトの栄養や選び方や保存方法、おすすめの食べ方を紹介します。トマトを食べて美肌づくりに役立てましょう。
飲み物
美肌によい飲み物を紹介しています。温かいお茶は肌にも体にもよいです。美肌効果があるお茶について解説していますので、自分の肌の状態にあったお好みのお茶を飲んでみましょう。
美肌と水との関係を解説しています。正しい水分の摂り方を学びましょう。水の摂り過ぎにも注意が必要です。冷たい飲み物は体を冷やしてしまいます。温かいお茶を体質や目的に合わせてとりいれてみるのもいいでしょう。
グリーンスムージー
グリーンスムージーは、野菜をたっぷり摂ることができます。鮮度のいい葉野菜とフルーツ、水をブレンダーにかけて作るスムージーは、生きた酵素と食物繊維が豊富です。 便秘の方や肌の悩みをもっている方にもおすすめです。グリーンスムージーの基本の作り方や美肌によいグリーンスムージーレシピを紹介しています。
運動
運動をすることで血行がよくなり、肌の新陳代謝が活発になります。メラニンの排泄が促されるのでシミになりにくく、ニキビができても治りやすくなります。また、クマやくすみなども、血行不良が原因のことが多いので運動によって改善できます。肌老化の進行を阻止しアンチエイジングにも効果があります。運動不足はよくないです。今から簡単にできる運動を始めて美肌を目指しましょう。
入浴
美肌のための入浴方法を紹介します。バスタイムも美肌づくりに生かしましょう。お風呂の温度や石鹸にも気をつけることで、美肌に効果的な入浴が続けられます。手作りの入浴剤でリラックスするのもいいです。
生理周期とお肌の関係
生理周期と肌の関係について解説しています。女性の体調や気分、肌の状態は、女性ホルモンの働きによって、大きく影響を受けます。肌老化を防ぐためには、女性ホルモンの低下を招かないことが大切です。卵巣機能を維持する生活を送り、栄養バランスのとれた食生活をして、ストレスをためないようにしましょう。
ストレス
ストレスは万病のもとだけではなく、ストレスは肌へ影響し、あらゆる肌トラブルの原因になります。ストレスをためない生活を送ることは美肌のために大切です。まずはストレスの原因を知り、ストレスを解消していきましょう。適度な運動ときちんとした睡眠をとり、ストレスに強い心と体をつくります。
サプリメント
美肌づくりに欠かせないおすすめのサプリメントを解説しています。食事だけで完璧な栄養摂取を目指すのは、忙しい女性にとっては大変です。そんな時にはサプリメントを活用しましょう。さまざまな食品から必要な栄養素を抽出したサプリメントを利用することで、自分に必要な栄養素を簡単に効率よく摂取することができます。バランスのよい食事を意識しながら、自分に不足しがちな栄養素や美肌のために必要な栄養素を把握して、必要な分をサプリメントで補完してあげるようにしましょう。
コラーゲン
コラーゲンとは何か?コラーゲンについて紹介しています。コラーゲンたっぷりの食べ物や料理も解説しています。コラーゲンと肌との関係についてもお伝えします。コラーゲンを意識的に摂取して若々しい美肌と病気を寄せ付けない健康な体を手に入れましょう。
美肌をつくる下着と洋服の選び方
美肌をつくるためには、肌に直接触れる下着&洋服選びも大切なことです。賢い下着&洋服選びで、いつもきれいなボディを保ちましょう。ここでは美肌のための下着や洋服の選び方を紹介します。慎重に選びましょう。
美肌をつくるメイクのコツ
美肌をつくるメイクのコツを紹介しています。肌にトラブルがあっても、上手にメイクをすれば隠すことができます。毛穴やニキビやクマを隠したいなどのお悩みがあったら、是非トライしてみましょう。簡単なメイク方法で目立たなくなってきます。トライしてみましょう。