とにかく目が小さい小粒目の悩み

とにかく目が小さい小粒目の悩み
スポンサードリンク

小粒目さんのアイメイクのコツ

とにかく目が小さい小粒目さんには「グレーとシルバー」のアイシャドウを使います。濃い目のグレーをしっかり塗って、ブラックのラインでビシッと引き締めれば、目元に陰影が生まれ、最強のデカ目になれます。ポイントは、アイシャドウを塗る範囲です。目を開いたときに、ちゃんと色が見えていないと目ヂカラは発揮できません。

 

■解決方法1■
グレーのアイシャドウを目のキワにつけたあと、目尻から斜め上に向かって、楕円を描くようにアイシャドウを重ねづけします。グレーの色と楕円の形によって、目に奥行と立体感が生まれ、目が丸く大きく見えます。絵画の遠近法のようなメイク法で、不自然になるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、アイラインやマスカラをしっかりとつけてバランスをとれば、とてもきれいな仕上がりになります。
楕円形アイシャドウを作るのに必要なのが、3段階の濃さのアイシャドウです。ほんのり色がつく程度のベースカラー、しっかり色がつく締め色、その中間となる中間色の3色。あらかじめ3色揃っているパレットを買って使うのもいいでしょう。
小さい目に楕円形アイシャドウ

 

 

 

■解決方法2■
グレーのアイシャドウをつけたあと、上まぶたの中央と下まぶたの目頭(目頭側1/4)に、ハイライトカラーのシルバーのアイシャドウをつけます。まぶたの中央に丸くつけると、そこが高く見えて立体感がUPし、目頭はメイクに抜け感が出て、白目がきれいに見える効果があります。グレーなどの濃いカラーのアイシャドウをつけるときは、シルバーなどのハイライトで濃淡のコントラストを聴かせるのがきれいに仕上げるコツです。
ハイライトで濃淡を効かせる

 

 

■解決方法3■
小粒目さんには、上下のアイラインをしっかり入れてつくる「がっつり囲み目」はNGです。小さな目のフレームが強調され、余計に目が小さく見えてしまいます。そこで、下まぶたのアイラインをきっちり目のキワに入れないで、黒目の下を中心に、「Sの字」になるように引きます。目尻から黒目の下はまつ毛の生え際に引き、目頭から黒目の下は目のキワの粘膜に入れましょう。目頭側はしっかりと目のフレームを強調しますが、目尻側はまつ毛の生え際にラインを引くことで、白目を大きく、ぱっちりと丸く見せる効果があります。
S字アイライン法

スポンサードリンク

とにかく目が小さい小粒目の悩み関連ページ

一重と奥二重のタイプを分けてみる
一重の人と奥二重の人はイメージは似ていますが、実はメイクの方法に違いがあります。一重・奥二重のタイプ分けを見ながら、自分はどちらのタイプにあてはまるか確認してみましょう。
一重・奥二重にぴったりの最強アイテム
一重さんと・奥二重さんにぴったりの最強アイテムを紹介します。一重さんと奥二重さんのメイク道具にかかせないのは、ビューラー、アイライナー、マスカラ、この3つです。この3つがアイメイクの決め手を左右する大切なアイテムです。アイテムを揃えて今以上に可愛くなりましょう。
一重の基本メイク
一重さんの小さな目を黒目がちなパッチリとした丸いデカ目にするための基本のメイクテクニックを紹介します。アイラインとマスカラを使って目ヂカラを強調させましょう。このメイク方法をマスターすれば、かわいいパッチリ目の一重メイクが完成です。
奥二重の基本メイク
奥二重さんの小さな目を黒目がちなパッチリとした優しいデカ目にするための基本テクニックです。目尻をほんの少し強調させたメイクで奥二重さんもきつく見られずに優しく可愛らしい印象になります。
まぶたが重く、はれぼったい悩み
一重さん・奥二重さんの多くが悩んでいる「はれぼったいまぶた」の解消法を紹介いたします。はれぼったいまぶたにメリハリをつけてすっきりまぶたにチェンジさせるメイク方法です。
目ヂカラがなく地味顔さんの悩み
目ヂカラがなく、目の印象が薄いせいで、なんとなく地味顔になってしまうのが悩みの人は、アイメイクのワザを駆使して、ぱっちりデカ目になりましょう。ちょっとしたメイクのコツで、目元の印象がかわって可愛くなってきます。地味顔さんにおすすめのメイク術を紹介します。