奥二重の基本メイク

奥二重の基本メイク
スポンサードリンク

奥二重さんを優しいデカ目にするための基本のメイク方法

奥二重の基本メイク
奥二重さんの小さな目を黒目がちなパッチリとした優しいデカ目にするための基本テクニックをお伝えします。

 

奥二重さんは、目尻のアイラインがはっきり見えるので、太くひいてしまうとかえってやり過ぎな感じになってしまうことがあるのでアイラインは目のキワに細く引きます。マスカラも根元からしっかりつけて、アイラインとのW効果で目のフレームを強化します。目尻をほんの少し強調させたメイクが似合います。これで奥二重さんもきつく見られずに優しく可愛らしい印象になります。

 

奥二重

 

 

デカ目を作る基本テクニック

■手順 1■目頭から目尻へ細いアイラインを入れる
ブラックの極細リキッドアイライナーで、目のキワに細いラインを引きます。太く引いてしまうと目を開けた時に不自然になるので注意してください。目尻はラインをやや下がり気味に2mm伸ばし、優しいたれ目にします。

 

 

 

■手順 2■まつげの隙間と粘膜部分を埋めてる
奥二重さんは目を開けた時にまつ毛の生え際が見えるので、まつげの隙間とピンクの粘膜部分をアイライナーで塗りつぶしてください。まぶたを持ち上げて塗りつぶすようにすると塗りやすいです。目のフレームがしっかりし、ぱっちりとした大きな目になります。

 

 

 

 

■手順 3■フィルムタイプ&ウォータープルーフiタイプの2種類のマスカラを使う
根元にしっかりマスカラが付いているとアイラインとのW効果でパッチリ目に。根元から毛先に向かって、マスカラを左右に動かしながらつけます。目尻を重ねづけし、強調させて。まぶたについてしまったら綿棒でオフ。さらにウォータープルーフタイプのマスカラでまつげをコーティングします。

 

 

 

■手順 4■ハイライトカラーで立体感をプラスさせると優しい印象に
眉下と目頭のアイホールのくぼみに、明るいベージュのアイシャドウをつけます。立体感が出てメリハリがでます。優しげなパッチリ目に仕上がります。

スポンサードリンク

奥二重の基本メイク関連ページ

一重と奥二重のタイプを分けてみる
一重の人と奥二重の人はイメージは似ていますが、実はメイクの方法に違いがあります。一重・奥二重のタイプ分けを見ながら、自分はどちらのタイプにあてはまるか確認してみましょう。
一重・奥二重にぴったりの最強アイテム
一重さんと・奥二重さんにぴったりの最強アイテムを紹介します。一重さんと奥二重さんのメイク道具にかかせないのは、ビューラー、アイライナー、マスカラ、この3つです。この3つがアイメイクの決め手を左右する大切なアイテムです。アイテムを揃えて今以上に可愛くなりましょう。
一重の基本メイク
一重さんの小さな目を黒目がちなパッチリとした丸いデカ目にするための基本のメイクテクニックを紹介します。アイラインとマスカラを使って目ヂカラを強調させましょう。このメイク方法をマスターすれば、かわいいパッチリ目の一重メイクが完成です。
まぶたが重く、はれぼったい悩み
一重さん・奥二重さんの多くが悩んでいる「はれぼったいまぶた」の解消法を紹介いたします。はれぼったいまぶたにメリハリをつけてすっきりまぶたにチェンジさせるメイク方法です。
目ヂカラがなく地味顔さんの悩み
目ヂカラがなく、目の印象が薄いせいで、なんとなく地味顔になってしまうのが悩みの人は、アイメイクのワザを駆使して、ぱっちりデカ目になりましょう。ちょっとしたメイクのコツで、目元の印象がかわって可愛くなってきます。地味顔さんにおすすめのメイク術を紹介します。
とにかく目が小さい小粒目の悩み
一重や奥二重で、とにかく目が小さい小粒目さんにおすすめのアイメイク方法を紹介します。「グレーとシルバー」のアイシャドウを使い最強のデカ目にします。メイクのポイントをつかんで、白目を大きく、ぱっちりと丸く見せましょう。