基本の男性スキンケア

基本の男性スキンケア
スポンサードリンク

男性のスキンケアの基本を学ぼう

男性の基本スキンケア

 

毎日のスキンケアは、肌の調子を整える役割がありますが、自己流の間違ったケアを行ってしまう人もいます。まずは、基本のスキンケアを学びましょう。

 

男性のスキンケアの基本は「洗う」「うるおす」「保護する」の3ステップと、ヒゲを整える「シェービング」、紫外線から肌を守る「UVケア」の5つです。これらは、肌を健やかに保つために、年代や肌質にかかわらず、かならず行いたいケアといえます。とくに重要なのは、外出の有無に関係なく行う、3ステップのケアです。まず、洗顔料を使って、肌に付着した汗や皮脂、ほこりを取り除きます。次に、化粧水や美容液で水分や美肌成分を補い、肌をうるおします。最後に、油分や保湿成分を含む乳液やクリームを塗って、肌表面に皮脂膜を張り、保護をすれば完成です。

 

毎日のスキンケアの基本手順

 

@洗う
「洗顔料を使って、肌についたほこりなどの汚れや汗、過剰に分泌されて浮き出ている皮脂を取り除く。」
まず顔全体を水または30度程度のぬるま湯で顔をしっかりすすぐ。洗顔料をとり、てのひらで泡立てる。そして、皮脂の多いTゾーンから泡をのせていく。泡を転しながら、肌になじませるイメージで行うことがポイント。Uゾーンやほおを洗う。ぬるま湯ですすぎ、タオルをあてて水分を拭く。

Aうるおす
「洗顔で失われた水分や保湿成分を補って、うるおす。肌トラブルを抱えている人は、美容液で肌に美肌成分を与えよう。」
洗顔後は、なるべくはやく化粧水をつけます。てのひらに10円玉くらいの量をとって、中指と薬指の腹を使って肌になじませていきます。小鼻や目尻にもしっかりオン。フェイスラインをてのひらでつつんで、化粧水や美容液をなじませる。

B保護する
「油分や保湿成分を塗る。皮脂膜をつくって肌を保護し、化粧水や美容液で補った水分や美肌成分を、外に逃がさない。」
水分の蒸発による乾燥を防ぐために、とくに乾燥しやすい目もとや口もとだけでも乳液をつけます。まず、てのひらに10円玉くらいの量の乳液をのせます。両手に乳液をなじませます。目元や口元に乳液をおいていき、てのひらに残った乳液をほおにのせる。フェイスラインをてのひらでつつんで、乳液を肌に浸透させます。

 

 

必要なスキンケア

シェービング

電気シェーバーや安全かみそりを使って、不要なヒゲを剃る。肌にダメージを与えないよう注意して。
手順は、まずシェービング箇所をぬるま湯でぬらします。その次に軽くタオルドライをし、刃を当てる部分にプレシェープローションを塗ります。口元、首筋、頬にも忘れずに広げる。電気シェーバーで口まわりから剃っていきます。肌に対してシェーバーの刃が垂直になるように注意して。肌に刀全体を当てると、きれいに剃ることができる。首筋や鼻の下も毛流れにそって剃る。きれいに剃れたら、ローションを洗い流し、タオルで水分をおさえる。

 

UVケア

日焼け止め化粧品で、肌を有害な紫外線から保護する。夏はもちろん、外出が多い人は季節を問わず必要。
UVケア手順は、てのひらに日焼け止め化粧品をとり、目の下、頬骨、フェイスラインを中心に、日焼け止めをおく。肌においた日焼け度目を外側に向かって広げる。塗り残しがないかしっかり確認する。

スポンサードリンク