肌のしくみ

肌のしくみ
スポンサードリンク

肌のしくみを知ろう

肌の中がどうなっているか知っておくと、化粧品が肌のどの部分に効くのか、どのように効いていくのかという働きがわかってきます。そうすると、化粧品選びも上手になっていきます。肌のしくみを知ることが美肌への第一歩です。肌のしくみがわかると自分に本当に必要なスキンケアを選ぶことができるので、あなたの肌はもっともっときれいになりますよ。

 

まずは肌のしくみをきちんと知り、そのうえで肌が何を求めているかを理解しましょう。

 

肌のしくみ

 

肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層からできています。一番外側から表皮、真皮、皮下組織です。

 

表皮のつくりは

表皮は皮膚のもっとも表面にある部分で、いちばん表面が角質層、いちばん深いところが基底層と呼ばれています。角質層は死んだ表皮細胞である角質細胞と、その間を埋めるセラミドなどの細胞間脂質でできています。角質層は外部の刺激から肌を守り、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐ働きがあります。

 

角質層の下の表皮は、生きた表皮細胞でできています。表皮細胞は、表皮のいちばん下にある基底層でつくられ、肌表面へ押し上げられていきます。そして約28日間かけて角質細胞となり、最後は垢としてはがれ落ちる「ターンオーバー」が繰り返されています。角質層で肌が絶えず入れ替わることによって、すこやかな肌やうるおいが保たれているのです。

 

セラミドとは

表皮細胞でつくられ、角質細胞の間に存在する細胞間脂質の一種です。水と結びついて水分を守り、角質細胞同士を結び付けて外的刺激から肌を守っています。

 

 

ターンオーバーとは

基底層でつくられた表皮細胞が、約28日間かけて角質細胞になり、はがれ落ちることです。この働きによって表皮は常に生まれ変わっています。

 

 

真皮のつくりは

真皮は、表皮の下の部分の層で、コラーゲンエラスチンという2種類の繊維に支えられています。繊維の周りを埋め、真皮の水分を守っているのがヒアルロン酸というゼリー状の物質です。これらの成分は真皮の中にある繊維芽細胞でつくられます。

 

コラーゲンとは

真皮の約70%を占めるタンパク質の一種です。弾力がある繊維状の構造で、肌のハリの元になっています。新陳代謝がとても遅く、年齢とともに減っていきます。

 

 

皮下組織のつくりは

真皮の下にあり、外からの衝撃を和らげ、体の内部を守るためのクッションのような働きや体温を保つための断熱材のような働きをしています。

 

 

角質層はさまざまな働きを持っています。また、角質層と基底層や真皮層は、お互いに影響しあっているので、角質層の状態が悪くなると、新しく生まれる細胞が正常な状態でなくなってしまいます。だから、スキンケアするということは、角質層をベストに保つことなのです。スキンケアとは、わずか0.02oの角質層をケアすることです。透明感やみずみずしさ、キメなどの肌の美しさは、この角質層の状態が左右しているのです。

 

こうした角質層の働きを助けるのが、毎日のスキンケアです。化粧水、乳液、クリームと、順番に使うことで、角質層の状態をベストに保つことができるのです。

 

 

エイジング肌の原因と肌のしくみについて

 

ターンオーバーが遅いとしみやくすみの原因に

ターンオーバーとは、表皮の細胞が絶えず新しいものに生まれ変わるサイクルのことです。通常は約28日間で行われますが、年齢とともに速度が落ち、40代では約40日ほどかかります。ターンオーバーが遅くなると、しみが消えにくい、肌がくすむ、肌表面に小じわができるなどの肌の悩みが出てきます。

 

ターンオーバーが遅い

ターンオーバーが早くても遅くても、肌は美しくなりません。健康な角質細胞をしっかりつくり出せるように一定のサイクルをたもつことが、美肌への第一歩です。ターンオーバーのサイクルを低下させないために、余分な角質をためないことが大切です。

 

 

セラミドが減少すると乾燥の原因に

セラミドは、角質細胞の間を埋めるように存在する細胞間脂質の約40%を占める成分です。水分と結びついて肌の潤いを守る働きをしています。表皮細胞の中で作られますが、年齢とともに生産量が減少します。セラミドなどの保湿物質が少なくなると、水や異物が肌の中に入り込むのを防ぐバリア機能は失われ外からの刺激を受けやすくなり、肌の乾燥が進み、角質層のキメも乱れて、肌内部のうるおいまで失われ、肌荒れの原因になります。

 

セラミド減少

正常なバリア機能を保つには、肌内部でセラミドなどの保湿物質がきちんと働いていることが不可欠です。それには正しい保湿が大切です。

 

 

基底層が弱いとシミの原因に

表皮のいちばん下の真皮と境目の部分を基底層と言い、表皮細胞を生み出す働きをしています。また、基底層にあるメラノサイトでは、真皮を紫外線から守るメラニン色素もつくられています。基底層が年齢とともに弱くなるとメラニン色素が真皮に落下し、自然には治らないしみの原因になります。

 

シミの原因基底層弱い

過度なダイエットなどで栄養源が不足したり、血行不良をおこしていると、基底層の細胞にうまく栄養と酸素が行き渡らず、ターンオーバーが妨げられます。規則正しい生活、食事、正しいスキンケアで、すこやかな状態をキープしましょう。

 

 

コラーゲンが減少するとしみやたるみの原因に

コラーゲンは真皮の約70%を占める成分で、肌のハリを支えています。真皮の中にある繊維芽細胞でつくられ、古くなったものは分解されていきます。でも、40代以降になると新しいコラーゲンの生産量は激減します。そのため肌のハリを保つことができなくなり、たるみや深いしわが現れます。

 

コラーゲンが減少

しっかりしたハリや弾力をキープするためには、日ごろからきちんと紫外線対策をしたり、アンチエイジング化粧品を遣ったりして予防ケアを行うことが大切です。

 

 

スポンサードリンク

肌のしくみ関連ページ

ターンオーバー
美肌は正しいターンオーバーからです。肌の表皮は新陳代謝を繰り返し約28日周期で新しく生まれ変わります。このターンオーバーがスムーズなら、常にみずみずしい肌でいられます。ここではターンオーバーの仕組みと、ターンオーバーが乱れるとどうなってしまうか紹介しています。
肌のうるおいを守るバリア機能
バリア機能のしくみについて紹介しています。角質層がバリアのように肌を外的刺激から守るしくみがバリア機能です。角質層の保湿成分が減りバリア機能が低下していまうと、うるおいが逃げて肌が乾燥し、外部からの刺激が肌の内部に侵入してしまいます。健康で美しい肌のためには、バリア機能が正常に保たれていることが大切です。正しいスキンケアをし、保湿し肌の乾燥を防ぎましょう。
自分の素肌力セルフチェック
美肌のための生活習慣が身についているかセルフチェックしましょう。あなたは、いくつ当てはまりますか?自分の素肌力をチェックしてみてください。意外と勘違いしていることが多いかもしれません。
自分の肌質を知ろう
あなたの肌質のタイプを簡単にチェックすることができます。自分の肌質を知ってお手入れを始めてみましょう。そのときどきのぴったりのお手入れ方法を見つけて美肌を目指しましょう。
美しい肌とは
美しい肌は、誰でも憧れてしまいます。美しい肌とはいったいどんな肌なのでしょうか?一般的に美しい肌と呼ばれる条件を紹介しています。そしてその美しい肌を支えているのは何か紹介しています。スキンケアのメインがわかります。
美白とはいったいどんなことか?
美白は、肌の中に余分なメラニンのない、その人本来の透明感のある肌にすることや紫外線によってできるメラニン色素を少なくし、シミやソバカスを防ぐことです。美白ケアをしてメラニンが増えるのをおさえます。美白とはどういうことか紹介しています。