ターンオーバーの仕組み

ターンオーバー
スポンサードリンク

美肌は正しいターンオーバーから

ターンオーバーとは

肌の表皮は新陳代謝を繰り返し、約28日間で新しく生まれ変わります。基底層で作られた細胞が角質細胞になるまでに14日間、さらにははがれ落ちるまでが14日間といわれています。この仕組みを「ターンオーバー」といいます。傷跡や日焼けが薄れるのも、この仕組みのおかげです。ターンオーバーがスムーズなら、常に若々しくみずみずしい肌でいられます。

 

ターンオーバーの仕組み

 

@.基底層で表皮細胞が生まれます。
基底層で表皮細胞が生み出される

 

A約28日かけて表皮細胞が上へ上へ角質層へと押し上げられるうちに角化して角質細胞になります。
表皮細胞は上へ角質細胞になる

 

B角質細胞は、最後にはアカとなってはがれ落ちます。
角質細胞はアカになりはがれ落ちる

 

ターンオーバーが乱れると

食生活や睡眠、生活習慣が乱れ、加齢などが原因でターンオーバーが乱れることがあります。40代ではターンオーバーの期間が約40日かかるようになるといわれています。ターンオーバーの速度が落ちると、角質が厚くなり透明感がなくなってしまいます。肌が硬くなりくすんで見えるようになります。また、肌の再生が遅くなるためにシミが残り、ニキビなどができても治りにくくなるのです。そして、皮膚表面にはなめらかさがなくなり、保湿機能が低下して乾燥を招く原因となります。カサつきや肌荒れの原因ともなるので、美しい肌を保つためには、ターンオーバーが順調に行われていることが重要です。

 

スポンサードリンク

ターンオーバー関連ページ

肌のしくみ
肌のしくみについて紹介しています。肌の中がどうなっているか知っておくと、肌が何を求めているかわかり化粧品選びも上手になってきます。肌のしくみを知ることが美肌への第一歩です。肌のしくみがわかると自分に本当に必要なスキンケアを選ぶことができ、あなたの肌はもっときれいになっていくでしょう。肌の仕組みをしっかり理解しましょう。
肌のうるおいを守るバリア機能
バリア機能のしくみについて紹介しています。角質層がバリアのように肌を外的刺激から守るしくみがバリア機能です。角質層の保湿成分が減りバリア機能が低下していまうと、うるおいが逃げて肌が乾燥し、外部からの刺激が肌の内部に侵入してしまいます。健康で美しい肌のためには、バリア機能が正常に保たれていることが大切です。正しいスキンケアをし、保湿し肌の乾燥を防ぎましょう。
自分の素肌力セルフチェック
美肌のための生活習慣が身についているかセルフチェックしましょう。あなたは、いくつ当てはまりますか?自分の素肌力をチェックしてみてください。意外と勘違いしていることが多いかもしれません。
自分の肌質を知ろう
あなたの肌質のタイプを簡単にチェックすることができます。自分の肌質を知ってお手入れを始めてみましょう。そのときどきのぴったりのお手入れ方法を見つけて美肌を目指しましょう。
美しい肌とは
美しい肌は、誰でも憧れてしまいます。美しい肌とはいったいどんな肌なのでしょうか?一般的に美しい肌と呼ばれる条件を紹介しています。そしてその美しい肌を支えているのは何か紹介しています。スキンケアのメインがわかります。
美白とはいったいどんなことか?
美白は、肌の中に余分なメラニンのない、その人本来の透明感のある肌にすることや紫外線によってできるメラニン色素を少なくし、シミやソバカスを防ぐことです。美白ケアをしてメラニンが増えるのをおさえます。美白とはどういうことか紹介しています。