韓国のスキンケア方法

スキンケア
スポンサードリンク

韓国の天然パックの効果を上げるスキンケア方法

韓国のスキンケア
天然パックの効果を上げるスキンケアの方法を紹介します。

 

@メイククレンジング
顔にクレンジングオイルを塗り、円を描くようにマッサージして、ぬるま湯につけたスポンジでやさしく拭き取ります。最後にオーガニック石鹸や刺激の少ない洗顔フォームをたっぷりと泡立てて、きれいに洗顔します。

 

Aスチームタオルで顔を温める
パックをする前にスチームタオルで顔を温めると、パックの栄養分が浸透しやすくなります。タオルを水に濡らし、熱くなりすぎない程度に電子レンジで30秒〜1分ほど温め、顔に1分間のせましょう。

 

B化粧水で肌を整える
コットンに化粧水を浸し、顔にパッティングします。さらに、敏感な目元や口元にはアイクリームを塗っておくと、パックをする際の小じわを予防します。

 

Cパックを塗る
パック用のシートマスクを顔にのせ、目元と口元をさけて、肌のキメにそって顔の内側から外側にパックをぬります。肌の温度が低い頬⇒あご⇒鼻の先⇒おでこの順にパックを塗って、温度の変化による刺激を避けましょう。

 

Dパックをする
天然パックは顔に塗ってから15分経つとパックの成分が酸化しはじめるので、必ずパックの時間を守りましょう。

 

Eシートマスクを取る
シートマスクを取るときは、小ジワができないように下から上にゆっくりとはがしましょう。

 

Fパックを洗い流す
肌にパックのカスが残っていると、色素沈着などの肌のトラブルを招きます。パックをとったあとは、肌のすみずみまできれいに洗い流しましょう。

 

Gタオルで冷やす
パックをしている間、タオルを濡らして冷蔵庫に入れておき、パックが終わってから顔にのせます。冷やしたタオルを1〜2分ほど顔にのせれば肌が落ち着き、毛穴も引き締まります。

 

H肌を休める
パックをしたあとはしばらく肌を休めましょう。10〜15分ほど何も塗らずに肌を休ませます。

 

I保湿する
肌を休めたあとはコットンに化粧水を浸し、肌のキメにそってふき取るようにコットンをすべらせます。次に、肌に水分を与える軽いテクスチャーの乳液やクリーム、エッセンスなどで肌を整えましょう。

スポンサードリンク