基本のスキンケア

基本のスキンケア
スポンサードリンク

基本のスキンケア方法

基本のスキンケア

毎日一生懸命スキンケアをしているのに、結果がついてこないという人がいます。そんな人は間違った方法でスキンケアを続けているのかもしれません。勘違いのケアでは、肌の悩みを解決するどころかトラブルを招くもとになってしまいます。美肌を手に入れる近道は、まず、正しい知識をもつことです。スキンケアを始める前にしっかりした知識を知ったうえでケアをすることが美肌づくりの基本です。

 

「美しい肌を手に入れたい」という気持ちは、誰でも同じだと思いますが、スキンケアにお金と時間をかけていても、間違ったスキンケアをしていれば逆に肌を傷めてしまうこともあります。やみくもにいろいろなものを試す前に、まずはスキンケアの基礎知識をしっかり身につけましょう。

 

正しい洗顔をして、汚れをきちんと落とすこと。正しい保湿をして、肌の水分を逃さないようにすること。そういったシンプルなことが肌には必要です。毎日欠かさず、正しいスキンケアをしてください。

 

歳をとれば、だれでも肌は老化しますが、それでも毎日のケアの仕方によっては「数年後の肌」はまるで別物です。

 

肌は一生つきあっていくもの、そして自分自身で育てあげていくものです。基本的なルールを守っていればあなたのお肌も安心です。

 

基本の正しいスキンケア方法を紹介していますので、自分のスキンケアは正しいのか、間違っていたのか確かめてみてください。間違いを見つけられたら、次回からは正しくケアしていきましょう。

スポンサードリンク

基本のスキンケア記事一覧

正しいスキンケアを行うためには、それぞれの目的に合わせてスキンケア化粧品を使っていく必要があります。間違った順序で化粧品を使っていたら、美肌になるどころか、肌が老化してしまう危険性があります。スキンケアを始める前に、それぞれのプロセスの目的と手順を、もう一度確認しておきましょう。        ※化粧品メーカーによって順番が違う場合がある...
詳細を見る
スキンケアの化粧品は、自分の肌と、自分のニーズに合うことが大切です。化粧品選びのポイントとしては、「値段」「効果」「感触」「香り」のバランスがとれたものを選ぶといいでしょう。化粧品選びは洋服を選ぶ感覚と似ています。基本的には自分の自由ですが、洋服でも、初めはよいと思っていたけれど、長く着てみたらなんだか着心地が悪かったということがあるよう...
詳細を見る
一日中つけていたファンデーションや、大気汚染物質やたばこの煙などの油性の汚れは、肌に残るとさまざまなトラブルを招きます。しかも最近の進化したファンデーションは密着度が高く、そのため落ちにくさがアップします。こうした油性の汚れは、石鹸や洗顔料だけではきちんと落とすことができません。だからクレンジング料で、油性の汚れを溶かして浮かし、やさしく...
詳細を見る
クレンジングだけでは落としきれない汚れを取り去るのが、洗顔の役割です。毛穴や肌のキメの中に残った汚れや、古くなった角質やほこりなどを、洗顔料の泡で取り除きます。泡には汚れを吸着する効果があるので、弾力とコクのある泡を肌の上で転がすだけで、スッキリと汚れを落とすことができます。ゴシゴシこするようなことは肌を傷つけてしまうのでNGです。泡で汚...
詳細を見る
角質層の潤いは、実は洗顔で流れ出てしまいます。だから、化粧水で潤いを急いで補給する必要があります。乾いた肌に美容液や乳液をつけても浸透しにくいですが、化粧水をまずつけることで、このあとにつける美容液や乳液の浸透を高める役割も、化粧水にはあるのです。化粧水の選び方ビタミンC誘導体やナイアシン(ビタミンB3)などの水溶性の美肌成分は、美容液や...
詳細を見る
美白、シワ、シミ、たるみ、くすみなど、気になるトラブルを効率よく集中的にケアするのが、美容液です。それぞれのトラブルケアするための特別な美容成分が、たっぷりと贅沢に配合されています。美容液の選び方美容液は保湿成分を含むものを選ぶと効果的です。「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などの成分を含むものを選びます。保湿の他にも、シミ対策の...
詳細を見る
角質層の潤い成分は、水と油分が乳液状に混ざり合った状態で、これに近いのが乳液です。だから、肌のすみずみに素早くなじんで、肌の潤い感を復活させる効果が期待できます。乳液は脂分の膜を張り、化粧水や美容液で浸透させた成分を閉じ込めるためのものです。クリームより油分が少ないのが乳液です。乳液の選び方乳液はどうしても油分を含みがちですが、油分の与え...
詳細を見る
クリームには、肌の表面をすっぽりと包むヴェール効果のあるオイルが、乳液よりも多く配合されています。そのため、美容液や乳液で与えた美容成分や潤いを、逃さずにキープする効果が高く、角質層にしっかりと留めてくれます。目元や口元など乾きやすい部分に塗って油分を補うといいでしょう。30代前半くらいまでは、肌本来の脂分が豊富なので、乾燥肌の人以外は無...
詳細を見る
パックは、肌を覆うようにして数分間放置するので、密閉効果で美容成分をぐんぐん浸透させることができます。だから、今すぐにトラブルを解消したい、という緊急ケアにおすすめです。肌の乾燥が気になるときにも、スペシャルケアとして有効なのが保湿パックです。保湿パックには肌の奥までうるおいを届ける効果があるので、ふだんのケアに加えてパックをすることで肌...
詳細を見る
シミやシワなどの肌老化を防ぐために、欠かせないのが日焼け止めです。日焼け止めの成分は大きく分けて2種類紫外線吸収剤肌の上で紫外線を吸収する成分です。さらっとして使用感がいいのですが、毎日使うと肌の負担が大きいです。紫外線散乱剤肌の上に膜をつくって、紫外線をはね返す成分です。こちらのほうが肌に優しいので普段使いにはおすすめです。「吸収剤フリ...
詳細を見る
ファンデーションはベースメイク用の化粧品です。油分・水分・粉の3種類でできています。シミやそばかすや毛穴などをおおい隠し、肌の色を均等に整える役目を持っています。ファンデーションの種類パウダーファンデーション顔料の粒子の表面をシリコンなどでコーティングしたものです。固形にかためたものや、粉末状のものがあります。水分を含まないので、乳化剤が...
詳細を見る
化粧品はどうやって選んだらいいですか?化粧品は高いからいいとは限りません。自分に合ったものを選ぶことが大切です。スキンケアアドバイザーなど、資格の有る人や信用できる人のアドバイスを聞いて相談するのがいいです。化粧品を買うときは、店頭で自分の肌質、希望を伝えることが大切です。雑誌で情報を収集したり、自分と同じ悩みを持っている人が使っている化...
詳細を見る
朝は、時間のない人が多いと思います。でも時間がないからといってスキンケアに手を抜いてはいけません。洗顔もゴシゴシと雑に行ったりしないようにします。ゴシゴシとこするように洗顔すると角質層を傷つけ、肌は摩擦で乾燥してしまいます。そして、朝は、美容液をしっかり使います。美容液を使うとメイクののりもよくなって、化粧崩れも少なくなります。乾燥もしに...
詳細を見る
朝メイクをして、時間が経つと出てくるトラブル。メイク直しに必要なアイテムも携帯しておくと便利です。メイク直しの手順「皮脂がういてドロドロしているとき」気温と湿度が高くなって、汗と皮脂が多い季節はメイクが崩れてドロドロしてきます。崩れたからといって、直接ファンデーションをつけるとさらにメイクが崩れてしまうので注意しましょう。@まずは油とり紙...
詳細を見る
夜のスキンケア順番@クレンジングきちんとメイクを落としながら、肌に負担のかからないようにしっかりクレンジングします。クレンジングはゴシゴシとこすったりしないようにします。時間をかけすぎないようにして、目安は1分以内です。アイメイクやポイントメイクは専用リムーバーを使用するといいでしょう。ポイントメイク専用のクレンジングで刺激が強すぎるとき...
詳細を見る
春は出会いの季節でもあり、別れの季節でもあります。そしてお肌のケアを見直す必要がある季節です。1年の中でお肌のとっても不安定な季節なので、しっかりケアして美肌を維持しましょう。冬から春になると、多くの人はなんとなく活動的になります。すると外出する機会がおのずと増えてきます。この春先の外出がトラブルを招くことがあります。知っている方も多いと...
詳細を見る
夏は気温が上昇し、湿度も高くなり、紫外線の量が一年中で最も増える時期です。夏は、紫外線、汗、メイク崩れなど女性にとって悩みが多い季節でもあります。まず気をつけなくてはいけないのは紫外線です。UVAは屋内にも届くので、朝起きて洗顔をしたらすぐに日焼け止めをつけましょう。外出の時は帽子と日傘を忘れずにしましょう。30代頃から腕にシミができやす...
詳細を見る
秋は比較的お肌にとってはよい季節です。紫外線の量も徐々に少なくなって、肌のトラブルも減少してくる時期です。だからスキンケアも手を抜いていいかと思ってしまうかもしれませんが、それはいけません。ここで手を抜いてしまうと肌によくありません。秋にも紫外線対策を行い、肌を清潔に保つために、しっかりと丁寧にクレンジング、洗顔をして、毎日十分な保湿ケア...
詳細を見る
冬になると、気温が下がります。冬は1年の中で一番肌が乾燥してしまう季節です。お肌の乾燥は、女性の大敵になるトラブルの源です。寒くなるとお肌の働きが弱まり、皮脂分泌量の低下が起こり自然と乾燥肌になっていまいます。肌の新陳代謝が低下し、肌の働きの低下は、ターンオーバーを遅くし乱れやすくします。すると角質層が厚くなって、さらに乾燥肌を助長するこ...
詳細を見る