春のスキンケア方法

春のスキンケア方法
スポンサードリンク

春のスキンケア方法のポイント

クレンジングのポイントは

春は冬の時期に比べ紫外線が強くなる時期なので、日焼け止めの数値の高いものやファンデーションでしっかりカバーする人も増えてくるので、クレンジングの方法にも工夫が必要です。

 

まずはしっかりと考えてほしいのは、クレンジングの選び方です。自分がどういったメイクを使っていてそのクレンジングと相性がいいのか、しっかり知ったうえでクレンジングをする必要があります。敏感肌の方は、できるだけ肌に負担の少ないミルクタイプのクレンジングを使うのがおすすめです。

 

洗い方は、ポイントメイクをしている方は汚れが落ちるまでしっかりクレンジングしますが、それ以外は約90秒以内に落とすようにすると、肌への負担が少なくなります。目の周りはとてもデリケートな部分なので、力を入れ過ぎないように注意してください。
春のクレンジング

 

 

洗顔のポイントは

春は陽気な季節になりますが、気温が上がるにつれて、肌の状態も少しずつオイリー気味に変化してきます。その一方で、花粉や春一番のような強い風により、乾燥肌になることもあります。

 

春は特にお肌のバランスが崩れやすく、敏感肌になりやすい人と皮脂分泌が活発になる人の2つのタイプに分かれます。乾燥肌や花粉症で敏感肌になる人は、洗顔を短めにし、皮脂分泌が活発でオイリー肌の方は、洗顔を念入りにするようにします。オイリーになりやすい人の洗顔方法は、洗顔を念入りにといっても、力強く肌をごしごしとこするような洗顔をしないようにしましょう。

 

美肌のための春の洗顔方法

夜に眠っている間はそれほど皮脂量がおおくないので、ぬるま湯だけの洗顔で十分に汚れが落ちます。

 

@朝はぬるま湯だけで洗顔しましょう。ただし、皮脂の落とし過ぎは敏感肌や乾燥肌を招くので注意してください。
春の洗顔方法

 

 

A洗顔時間は90秒以内で行います。
春の洗顔方法泡立てる

 

洗顔料はしっかりと泡立ててから、肌をこすらないようにしてやさしく洗いましょう。

 

 

化粧水のポイントは

1年中同じ化粧水を使っている人もいると思いますが、季節によっても肌の調子は少しずつ変わってくるので、化粧水の選び方にも工夫が必要です。その時に合った化粧水を選びましょう。

 

敏感肌や乾燥肌の方は、アルコール成分がたくさん入っている刺激が強い化粧水を控えることをおすすめします。

 

化粧水をつけて、お肌がすっとする感じや赤みが長い間つづくような化粧水は、肌にあっていません。基本的に化粧水が原因で肌にトラブルが出る場合は、1日以内になんらかの反応ができます。たとえばかゆみや赤みは、アレルギー反応の1つです。

 

オイリーになりやすい方は、高保湿の化粧水を使うようにして、乳液や保湿クリームの量は少なめにすると、肌へのベトツキが軽くなります。
春の化粧水

 

乾燥肌や敏感肌の人は→しっとりタイプの化粧水

オイリー肌の人は→あっさりタイプの化粧水

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

春のスキンケア方法関連ページ

春のお肌の状態と体のリズム
春のお肌の状態と春の体のリズムはどういう感じか紹介しています。春は体のリズムが整っていない状態です。休日は、半身浴や運動や睡眠を多くとってリフレッシュしてお肌の状態もよくしましょう。