化粧品の疑問解決

化粧品の疑問解決
スポンサードリンク

化粧品の素朴な疑問を解決

化粧品の疑問

 

化粧品はどうやって選んだらいいですか?

化粧品は高いからいいとは限りません。自分に合ったものを選ぶことが大切です。スキンケアアドバイザーなど、資格の有る人や信用できる人のアドバイスを聞いて相談するのがいいです。化粧品を買うときは、店頭で自分の肌質、希望を伝えることが大切です。雑誌で情報を収集したり、自分と同じ悩みを持っている人が使っている化粧品を試してみるのもいいです。

 

どんな会社の化粧品がいいですか?

基本的には大手の会社はあまり変な化粧品は作りません。化粧品の値段を決める最大のポイントは製造本数と広告宣伝費です。なので、広告宣伝費を最小限に抑え、製造本数を多くできる会社の化粧品は質のいい商品を安く提供することができます。この2つをクリアするには、「顧客リスト」や「会員」をたくさん持っていなければなりません。しっかりした顧客リストや会員をたくさん持っていることで、口コミやメルマガ広告などで宣伝費を安く抑えることができます。自身のある化粧品会社は100%現金返済保証をしているところもあります。また、研究施設があり、優秀な研究員がたくさんいることもひとつの選択材料になります。

 

 

 

化粧品に使用期限はありますか?

化粧品にも使用期限があります。高温多湿を避けた場所で保管して、開封してから半年〜1年です。未開封で未使用のものは3年を目安にして処分してください。ただし、化粧品の中でもアイシャドウやチークなど、水分を含まないものは開封後3〜5年はもちます。

 

 

試供品にも使用期限がありますか?

試供品はコンパクトだし、旅行に持っていくにも便利で、ついついとっておきがちですが、実際の商品より劣化しやすいです。早めに使い切りましょう。

 

 

化粧品の保存方法のコツは?

開封した化粧品は、フタをしっかりと閉めて、早めに使い切るようにします。車の中や窓際など、直射日光が当たる場所にはおかないようにしてください。冷蔵庫に入れて使用するとひんやりとして気持ちいいですが、温度が変化したことで品質が変化しやすいので注意が必要です。もしも冷蔵庫に入れる場合は化粧品を使ったらすぐ冷蔵庫へ戻しましょう。

 

 

ファンデーションのスポンジは、洗った方がいいですか?

スポンジは雑菌だらけなので、最低でも週に1回は洗うといいです。専用のクレンザーを使用しなくても、石けんや中性洗剤を使うのもいいです。石けんを使う場合は石けんをスポンジに直接もみこんで洗います。中性洗剤を使うときは、洗面器などにぬるま湯をはり、中性洗剤を少量入れて、そこでもみ洗いします。なんの洗剤を使うにしても、十分にすすいでよく乾かしましょう。スポンジのキメが粗くなったら交換の時期なので取り換えましょう。

 

 

自然派化粧品は肌に優しいですか?

植物エキスや海洋エキスなどを使った自然派の化粧品がありますが、自然派というと肌に優しく感じますが、実はトラブルになることもあります。天然のものは成分が複雑で不安定なので、使用するとアレルギーを起こしてしまう人もいます。

 

 

手作り化粧品は安心ですか?

手作り化粧品は、野菜や果物やお茶など食材を使うものがありますが、それが必ずしも肌に優しいとは一概にいえません。これらはアクや農薬や不純物を含んでいる可能性があるので、逆にかぶれてしまう人もいます。もちろん、衛生面のほうでも問題があります。びんをいくら煮沸しても家庭で完全な滅菌はできません。肌の弱い人は使うときには注意してください。

 

 

ベビー用の化粧品は肌に優しいですか?

ベビー用の石けんやローションを使用する人もいますが、必ずしも安全とはいえないです。ベビー用化粧品は、殺菌成分を含むものもあるので、これらは逆に肌への刺激が強いです。

スポンサードリンク

化粧品の疑問解決関連ページ

スキンケア手順
スキンケアの手順を紹介しています。間違った順序で化粧品を使ったら肌が老化してしまう危険性があります。それぞれの目的に合わせてスキンケア化粧品を使用しましょう。正しいスキンケアの手順をしっかり守ってください。
スキンケア化粧品を買いに行こう
スキンケア化粧品の買い方とスキンケア化粧品のQ&Aを紹介しています。スキンケア化粧品は自分の肌に合うかどうか試してみて自分にぴったり合うものを見つけて楽しくスキンケアしましょう。
クレンジング
クレンジングの選び方やクレンジングの正しい手順をわかりやすく解説しています。肌への負担が少ないクレンジング料を選び、こすらず優しくクレンジングして油性の汚れを取り去りましょう。
洗顔
正しい洗顔方法と洗顔料を選ぶときのポイントを紹介しています。ごしごしとこするように洗うことは避けましょう。泡で汚れを包み込んで落とすように洗います。洗顔で肌を素の状態に戻しましょう。
化粧水
化粧水の役割や、化粧水の選び方や化粧水のつけ方を紹介しています。使用感のよいものを選び、正しく使用して肌にしっかり潤いを与えましょう。そして化粧水のあとにつける美容液や乳液の浸透を高めましょう。
美容液
美容液の使い方や効果的な選び方を紹介しています。気になる肌トラブルを集中的にケアしてくれるのが美容液です。それぞれ自分の目的にあった成分が配合されている美容液を選んでしっかりケアしましょう。
乳液
乳液の選び方や付け方を紹介しています。乳液は肌の潤い感を復活させることができます。セラミドなどの保湿成分をたっぷり含むタイプを選んで使うようにしましょう。油分の与えすぎはマイナスになるので、つけすぎに注意して使いましょう。
クリーム
クリームの選び方や付け方を紹介しています。目元や口元など乾きやすい部分に塗って油分を補います。年齢や肌の状態に合わせて使ってみるとよいでしょう。付け過ぎには注意して優しくなじませてください。
パック
パックの選び方やパックの効果的な方法を紹介しています。肌の乾燥が気になるときは、パックで保湿するのがおすすめです。石膏状にかたまり、後から洗い流すタイプのパックがおすすめです。
日焼け止め・UVケア
日焼け止めの種類、日焼け止めの選び方のポイント、日焼け止めの塗り方や落とし方を紹介しています。日焼け止めを正しく使って紫外線をカットしましょう。日常のUVケアが美肌になるためには大切です。
ファンデーション
ファンデーションの選び方や塗り方や種類など紹介しています。ファンデーションはベースメイク用の化粧品です。肌への優しさを考えて、刺激の少ない自分に合ったものを選びましょう。粉浮きしないパウダーファンデーションの塗り方を真似して自然なベースメイクを目指してください。
朝でもしっかりスキンケア
朝のスキンケア方法を紹介しています。朝のスキンケアの順番や美肌作りにかかせない元気な一日をつくる栄養バランスのとれた理想的な朝ごはんがわかります。朝は時間がなくてもしっかりスキンケアしましょう。おでかけの時には紫外線対策も忘れずにしましょう。
キレイをキープする化粧直し
朝化粧をしても時間が経つと、化粧が崩れてしまうときがあります。そんなときの化粧直しの方法を紹介しています。メイク直しに必要なアイテムも携帯しておくと便利です。簡単な応急処置で化粧直しができます。メイクも直してキレイをキープしましょう。
夜はゆったりお手入れ
夜のスキンケア方法を紹介しています。夜のスキンケアの順番などわかりやすく解説しています。夜は一日の顔の疲れだけでなく、心身の疲れも癒すように心がけましょう。体の疲れをとる入浴や睡眠のポイントをチェックして、美肌を維持できるようにしましょう。
春のお肌の美容ポイント
春の季節のスキンケア方法を紹介しています。春は新生活やシーズンの始まりで、多くのエネルギーを使いますが時にはリフレッシュも必要です。1年中の中でお肌のとっても不安定な季節ですので、しっかりスキンケアして美肌を維持してください。
夏のお肌の美容ポイント
夏の季節のスキンケア方法と美容ポイントを紹介しています。夏は一年中で紫外線の量が最も増える時期です。しっかり紫外線対策しましょう。しっかりスキンケアして秋からのお肌に備えましょう。
秋のお肌の美容ポイント
秋の季節のスキンケア方法と美容ポイントを紹介しています。秋は比較的お肌にとってはよい季節ですが、スキンケアは手を抜かないようにしましょう。紫外線対策も忘れずにしましょう。食欲の秋で暴飲暴食によるお肌のトラブルにも注意です。上手に秋のケアを摂りいれてください。
冬のお肌の美容ポイント
冬の季節のスキンケアと美容ポイントを紹介しています。冬は気温も下がり、肌が乾燥してしまう季節です。血行不良で、肌の新陳代謝が低下しターンオーバーが乱れやすくなります。しっかり対策し、潤いケアをして、うるおい肌を維持してください。