クレンジング

クレンジング
スポンサードリンク

クレンジングで油性の汚れを取り去る

クレンジングの容器
一日中つけていたファンデーションや、大気汚染物質やたばこの煙などの油性の汚れは、肌に残るとさまざまなトラブルを招きます。しかも最近の進化したファンデーションは密着度が高く、そのため落ちにくさがアップします。こうした油性の汚れは、石鹸や洗顔料だけではきちんと落とすことができません。だからクレンジング料で、油性の汚れを溶かして浮かし、やさしく取り去ることが必要です。

 

 

クレンジングの選び方

クレンジング剤は、スキンケアのなかでもっとも肌に負担をかけるものです。強すぎるクレンジング剤を使うことが肌荒れやシミ、敏感肌などの肌トラブルの原因になっていることも少なくありません。なるべく肌への負担が少ないクレンジング剤を選び、肌をいたわるようにしましょう。

 

「クレンジング選びは慎重にしよう」

値段が安いとか手軽さだけで選ぶのはやめましょう。クレンジングが少しでも肌に合っていないと、そのあとどんなによいスキンケアをしても肌はきれいになりません。自分に合うものを選びましょう。

 

「クリームタイプか乳化ジェルタイプがおすすめ」

メイクを浮かせる油分と、油分を見ずに流す界面活性剤を配合したのがクレンジングです。界面活性剤は強いものを大量に使うと肌のうるおいを奪います。でも、汚れをきちんと落とすためにはある程度は必要です。
メーカーによる違いはありますが、比較的肌にやさしいのは洗い流せるクリームタイプや、乳化した白いジェルタイプのものです。洗い流すクレンジングが、洗浄力が適度でおすすめです。選ぶブランドに迷ったら、使っているファンデと同じものにすると、相性がよいですよ。

 

「オイルやリキッドタイプ、拭き取るタイプはどうなの?」

オイルやリキッドタイプは、洗浄力は強いのですが、界面活性剤を大量に含んでいるので、毎日使用すると肌を傷めます。拭き取るタイプは手軽ですが、拭き取る刺激は肌にとても悪く、毎日使っていると赤ら顔やシミの原因になります。どちらもなるべく使用を避けましょう。

 

 

クレンジング料を選ぶときは

クレンジング料は肌への刺激度がちがうので、クレンジング料を選ぶときはなるべく肌への負担が少ないものがいいでしょう。実際に自分の肌で試してみて選びましょう。
クレンジング料を選ぶときは

 

 

クレンジングの正しい手順

クレンジング剤の肌に触れている時間が長ければ長いほど、肌にとっては大きな負担になっていまいます。肌への負担を最小限にするために、クレンジングはなるべく短時間で終わらせるようにしましょう。クレンジング剤をなじませてからすすぎ終えるまでを、トータル1分以内ですませるのが目安です。

 

また、クレンジングでこすりすぎるとシミをつくるもとになります。いくら肌表面をこすっても、毛穴の奥の皮脂や汚れがとれるわけではありません。肌表面を直接こすらないですむように適度な硬さと厚みのあるクレンジング剤を選び、ケチらずにたっぷりと使うようにしましょう。

 

 

@クレンジング剤をたっぷり手にとり、比較的肌が強い部分の額から鼻にかけてのTゾーンからなじませます。指の腹で軽くのばしながらファンデーションとなじませてください。
クレンジングをtゾーンなじませる

 

A頬からあごにかけてのUゾーンにクレンジングをのばし、ファンデーションとなじませます。
クレンジングをuゾーンにのばす

 

B最後に、肌が薄くて弱い目元と口元にクレンジングをのばし、なじませていきます。
クレンジングを目元口元なじませる

 

C36〜37℃くらいのたっぷりぬるま湯で手早くすすぎます。手はなるべく肌に触れずに、お湯で落とすようにします。肌をこすりながらすすいだり、熱いお湯を使うのはダメです。
クレンジングをすすぐ

スポンサードリンク

クレンジング関連ページ

スキンケア手順
スキンケアの手順を紹介しています。間違った順序で化粧品を使ったら肌が老化してしまう危険性があります。それぞれの目的に合わせてスキンケア化粧品を使用しましょう。正しいスキンケアの手順をしっかり守ってください。
スキンケア化粧品を買いに行こう
スキンケア化粧品の買い方とスキンケア化粧品のQ&Aを紹介しています。スキンケア化粧品は自分の肌に合うかどうか試してみて自分にぴったり合うものを見つけて楽しくスキンケアしましょう。
洗顔
正しい洗顔方法と洗顔料を選ぶときのポイントを紹介しています。ごしごしとこするように洗うことは避けましょう。泡で汚れを包み込んで落とすように洗います。洗顔で肌を素の状態に戻しましょう。
化粧水
化粧水の役割や、化粧水の選び方や化粧水のつけ方を紹介しています。使用感のよいものを選び、正しく使用して肌にしっかり潤いを与えましょう。そして化粧水のあとにつける美容液や乳液の浸透を高めましょう。
美容液
美容液の使い方や効果的な選び方を紹介しています。気になる肌トラブルを集中的にケアしてくれるのが美容液です。それぞれ自分の目的にあった成分が配合されている美容液を選んでしっかりケアしましょう。
乳液
乳液の選び方や付け方を紹介しています。乳液は肌の潤い感を復活させることができます。セラミドなどの保湿成分をたっぷり含むタイプを選んで使うようにしましょう。油分の与えすぎはマイナスになるので、つけすぎに注意して使いましょう。
クリーム
クリームの選び方や付け方を紹介しています。目元や口元など乾きやすい部分に塗って油分を補います。年齢や肌の状態に合わせて使ってみるとよいでしょう。付け過ぎには注意して優しくなじませてください。
パック
パックの選び方やパックの効果的な方法を紹介しています。肌の乾燥が気になるときは、パックで保湿するのがおすすめです。石膏状にかたまり、後から洗い流すタイプのパックがおすすめです。
日焼け止め・UVケア
日焼け止めの種類、日焼け止めの選び方のポイント、日焼け止めの塗り方や落とし方を紹介しています。日焼け止めを正しく使って紫外線をカットしましょう。日常のUVケアが美肌になるためには大切です。
ファンデーション
ファンデーションの選び方や塗り方や種類など紹介しています。ファンデーションはベースメイク用の化粧品です。肌への優しさを考えて、刺激の少ない自分に合ったものを選びましょう。粉浮きしないパウダーファンデーションの塗り方を真似して自然なベースメイクを目指してください。
化粧品の疑問解決
化粧品に対する素朴な疑問を解決します。意外と知らない化粧品の疑問に答えます。化粧品について勘違いしている人も、正しい化粧品の知識をみにつけて自分に合う化粧品を使いましょう。
朝でもしっかりスキンケア
朝のスキンケア方法を紹介しています。朝のスキンケアの順番や美肌作りにかかせない元気な一日をつくる栄養バランスのとれた理想的な朝ごはんがわかります。朝は時間がなくてもしっかりスキンケアしましょう。おでかけの時には紫外線対策も忘れずにしましょう。
キレイをキープする化粧直し
朝化粧をしても時間が経つと、化粧が崩れてしまうときがあります。そんなときの化粧直しの方法を紹介しています。メイク直しに必要なアイテムも携帯しておくと便利です。簡単な応急処置で化粧直しができます。メイクも直してキレイをキープしましょう。
夜はゆったりお手入れ
夜のスキンケア方法を紹介しています。夜のスキンケアの順番などわかりやすく解説しています。夜は一日の顔の疲れだけでなく、心身の疲れも癒すように心がけましょう。体の疲れをとる入浴や睡眠のポイントをチェックして、美肌を維持できるようにしましょう。
春のお肌の美容ポイント
春の季節のスキンケア方法を紹介しています。春は新生活やシーズンの始まりで、多くのエネルギーを使いますが時にはリフレッシュも必要です。1年中の中でお肌のとっても不安定な季節ですので、しっかりスキンケアして美肌を維持してください。
夏のお肌の美容ポイント
夏の季節のスキンケア方法と美容ポイントを紹介しています。夏は一年中で紫外線の量が最も増える時期です。しっかり紫外線対策しましょう。しっかりスキンケアして秋からのお肌に備えましょう。
秋のお肌の美容ポイント
秋の季節のスキンケア方法と美容ポイントを紹介しています。秋は比較的お肌にとってはよい季節ですが、スキンケアは手を抜かないようにしましょう。紫外線対策も忘れずにしましょう。食欲の秋で暴飲暴食によるお肌のトラブルにも注意です。上手に秋のケアを摂りいれてください。
冬のお肌の美容ポイント
冬の季節のスキンケアと美容ポイントを紹介しています。冬は気温も下がり、肌が乾燥してしまう季節です。血行不良で、肌の新陳代謝が低下しターンオーバーが乱れやすくなります。しっかり対策し、潤いケアをして、うるおい肌を維持してください。