夏の肌状態と体のリズム

夏のお肌の状態と体のリズム
スポンサードリンク

夏のお肌の状態と体のリズムの関係

夏のお肌の状態

夏は1年の中でも、一番暑く、紫外線も強く、メイク崩れもしやすい季節です。気温が上がると汗もかきやすく、汗と同時に毛穴が開き、自分の体から出る皮脂によってお肌がオイリー状態になりやすくなります。

 

汗をかくと、時間の経過とともに汗や皮脂が酸化し、ベトベトを引き起こす原因になります。また汗によってメイクが崩れ、時間の経過とともに酸化の原因になったり、開いた毛穴にメイクがつまり、さらにベトベトを引き起こす原因につながります。

 

夏は特に、オイリー肌になりやすい原因の皮脂をしっかり取り除くケアが必要です。これを怠ると、秋口に肌が乾燥したり、毛穴の黒ずみの原因になったり、シミになりやすい肌をつくってしまうこともあります。それとあわせてUVケアをしっかりすることが夏の肌には必要です。日焼け止めをしっかり使いましょう。
夏には日焼け止め

 

 

夏の体のリズム

体は、気温が高くなると毛穴が開き汗を出して、体温のコントロールをして体の正常な状態を保っています。このコントロールがうまくいかないと、熱中症になったり、イライラしやすくなったり、さらには肌のトラブルを招いてしまいます。そのため、夏は体を冷やそうと、クーラーをつけたり、冷たいものの飲み過ぎで胃腸の調子も崩しやすくなります。

 

胃腸の調子が悪くなると、肌に必要な栄養を吸収できなくなり、肌のトラブルにつながってしまうこともあります。吹き出物は胃腸の調子に深くかかわっている肌トラブルです。夏になると吹き出物が出やすい人は、こういったことが原因となっているのかもしれません。

 

また女性は、男性に比べて筋肉量が少ないので、体を中から温めることが苦手なので、クーラーによって冷えて体調を崩しやすいといわれています。この冷えも胃腸の調子の悪さにつながり、さらに肌トラブルを悪化させてしまうので、できるだけ長時間体を冷やし続けない対策が必要となってきます。
エアコン ビール 胃

スポンサードリンク

夏のお肌の状態と体のリズム関連ページ

夏のスキンケア方法
夏のスキンケア方法を紹介しています。夏のケアは毛穴ケアをしっかり行いましょう。夏に適したクレンジング方法と化粧水のつけ方がわかります。暑い夏もきれいな素肌でいましょう。