スキンケア化粧品の買い方

スキンケア化粧品を買いに行こう
スポンサードリンク

スキンケア化粧品の選び方

スキンケアの化粧品は、自分の肌と、自分のニーズに合うことが大切です。化粧品選びのポイントとしては、「値段」「効果」「感触」「香り」のバランスがとれたものを選ぶといいでしょう。化粧品選びは洋服を選ぶ感覚と似ています。基本的には自分の自由ですが、洋服でも、初めはよいと思っていたけれど、長く着てみたらなんだか着心地が悪かったということがあるように、化粧品も、長く使っていくうちに、肌の調子があまりよくない、ということは起こります。その場合は、いさぎよく取り替えましょう。
実際に買うときは、サンプルをもらったほうがいいでしょう。

 

 

@まずは、化粧品が売っているお店まで化粧品を買いに行きましょう。

化粧品を買いに行く


 

A化粧品売り場の店頭で販売員に自分の症状や希望を伝えてカウンセリングをうけます。商品説明があります。

美容部員と相談


 

Bサンプルをもらい、家で数日間、化粧品を試してみましょう。

化粧サンプルお試し


 

 

C化粧品が肌に合わない時には、皮膚科に行ってパッチテストをしてもらうのもいいでしょう。

皮膚科でパッチテスト


 

D雑誌などで化粧品の情報収集をするのもよいでしょう。

化粧品雑誌で調べる


 

スキンケア化粧品の疑問に答える

スキンケア化粧品の値段はいろいろありますが、いくらくらいのものがいい?

化粧品は高いからといって効果も抜群かというと必ずしもそうとは限りません。しかし、標準価格より極端に安いものは中身もイマイチのことがあります。化粧水だったら2000円〜5000円くらい。美容液なら3000円〜10000円くらいが標準価格です。それより極端に値段が高いものが、効果があるのではないかと思うかもしれませんが、一概にそうとはいえないです。

 

スキンケア化粧品のブランドは統一したほうがいいの?

私も化粧品売り場に行ったときに販売員さんから、化粧品はブランドを統一したほうがより効果がありますよと聞いたことがあります。そのメーカーが謳っている肌に対する効果などは、同じブランドのラインを使用することで得られるように作られているものが多いのも事実です。また、使用感や浸透感なども同じメーカーを使ったほうがよりいいといえます。しかし、化粧品は、薬事法に基づき製造されているので、基本的には違うメーカーやブランドが違う化粧品と一緒に使用しても問題はありません。色々なメーカーの中で気に入ったものをチョイスしてこだわりのスキンケア化粧品をセレクトしても大丈夫です。

 

スキンケア化粧品も無添加のほうが安心かな?

化粧品を開封後、化粧品の中に雑菌が入り成分が変質するのを防ぐパラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤でかぶれてしまう人が実際多くいるのかというと、そうともいえません。無添加が肌に優しい成分が配合されているコスメというイメージを持つ人も多いと思いますが、無添加の定義の基準は設けられていなくあいまいです。例えば防腐剤不使用と書かれていても、防腐剤以外に刺激の強い成分が含まれている場合もあります。表示だけで判断せずに、自分の肌で試してみてから選んだほうが安心です。

 

 

スポンサードリンク