赤ら顔の原因・改善方法

赤ら顔
スポンサードリンク

赤ら顔を改善するにはどうしたらいいいのか?

赤ら顔

赤ら顔の原因

肌の赤みには、いろいろな原因があります。一つ目は、肌が色白な人に多く、生まれつきの赤ら顔タイプです。ほんのりと赤いのが特徴で、この場合スキンケアで改善するのは難しいです。しかし、年齢とともに自然に赤みが薄くなってくる場合もあります。

 

二つ目は、「脂漏性皮膚炎」による赤ら顔です。鼻のまわりや額が赤くなり、カサカサしたりかゆみがある場合は、脂漏性皮膚炎であることが多いようです。オイリー肌で毛穴も大きい人に比較的多くみられます。脂漏性皮膚炎の原因には、遺伝的な体質もありますが、食生活が欧米化したころにより、皮脂の分泌バランスがくずれていることもあるといわれます。肌への刺激を避けて、生活習慣を見直します。

 

三つ目は、ニキビ跡の赤みが残って赤ら顔に見えるタイプもあります。これは放置状態にしていても3〜5年で消えていく可能性もありますが、気になるときは脂漏性皮膚炎と同じケアが有効です。

 

四つ目は、たたいたり、こすったりという刺激により毛細血管が開き、赤ら顔になってしまうタイプもあります。

 

 

赤ら顔を解決する方法

 

脂漏性皮膚炎による赤ら顔は、ビタミンC配合の化粧水を使ったり、ビタミンCをイオン導入したりすることで改善はできますが、体質的なものなので、完治は難しいです。ニキビ跡の赤みが残って赤ら顔に見えるタイプは、放置していても消えていく可能性はありますが、気になる場合は脂漏性皮膚炎と同じケアが有効です。たたいたり、こすったりの刺激で毛細血管が開き赤ら顔になるタイプは、これはレーザ治療でないと改善は難しいです。これらいずれのタイプでも、急な温度変化などの刺激を加えないことが大切です。

 

赤ら顔の対策と生活習慣の改善

化粧水は敏感肌用を使用、つけるときはこすったり、たたいたりしないこと。

 

熱いお湯や冷たい水などの急な温度変化を肌に与えないようにする。

 

食事は栄養バランスのとれたものがよい。和食がベスト。

 

しっかりと睡眠をとる。

 

赤みを抑えるには、ビタミンC誘導体配合の化粧水やビタミンCを肌に浸透させるイオン導入を使う。

 

美容皮膚科などでIPLの光治療を受ける。(保険適用外)
スポンサードリンク