水虫の原因と水虫ケア

水虫
スポンサードリンク

水虫を治そう

水虫

 

水虫の原因

日本では、成人の3人に1人くらいの割合で水虫をもっている人がいるといわれています。水虫は「白癬菌」というカビの一種が原因で起こる皮膚病です。プールや温泉など、いろいろな人が裸足で歩きまわっているところで感染することがあります。また、家族に水虫の人がいた場合に、お風呂の足拭きマットやトイレのスリッパからうつることが多いです。人から人へ感染してしまうのが特徴です。

 

水虫の症状

症状は指の間や足の裏の皮がむける、水疱ができるなどです。かゆみは、ある人とない人がいます。また、爪に水虫が入ると爪が白く厚くなってきます。爪に深く入った場合は飲み薬では治りません。
水虫の症状

 

水虫の予防と水虫になってしまった時のケア

水虫ケアのポイント菌が皮膚に侵入するには、約24時間かかるので、プールや温泉を出たら、再度足だけ水で流すようにしておけば、水虫はうつりません。家庭内で家族にうつさないためには、お風呂場の足ふきマットやトイレのスリッパを別にします。

 

水虫ケアのポイント足をよく乾燥させるのが大事なので、オフィスではサンダルに履き替える、通気性のよい靴をはく工夫をします。五本指靴下をはくのも良いです。

 

水虫ケアのポイント足をよく洗い乾燥させて、薬を塗ります。市販の水虫薬を選ぶときは、スプレーや液状のものよりも、クリームタイプにします。そのほうが肌に優しくて安心して使えます。また、抗菌成分のほかにひんやりした使用感にする成分などを配合したものもありますが、いろいろな成分が入っているものはかぶれやすいので注意が必要です。水虫によって角質のバリアがこわれているので、なるべく肌に優しいシンプルな薬を選んでください。水虫を退治するには、塗り薬を半年続ける必要があります。治ったように見えても、カビが少しでも残っていると再発してしまうので、根気よく薬を塗りましょう。

 

水虫ケアのポイント水虫のケアをしても治らない場合は、水虫でない病気の可能性もあります。水疱やかゆみがあるから水虫とは限らないからです。また、爪に入った「爪白癬」と呼ばれる水虫の場合は、爪が白く変形し、飲み薬でないと治らないので、皮膚科に行くことをおすすめします。皮膚科で検査を受けましょう。

スポンサードリンク

水虫関連ページ

足のにおい
足の臭いの原因と対策について解説しています。足が臭いやすい人の多くが足に汗をかきやすいタイプの人です。自分の足が汗かきであるか見分ける方法も紹介していますので、チェックしてみてください。嫌な臭いを発する前にしっかり足のにおい対策をしていきましょう。
かかとの角質
かかとの角質の原因と除去方法を解説しています。素足になったときに、、かかとがカサカサガサガサしていると気になってしまうのではないでしょうか?かかとの角質ケアをしてすべすべの素足をめざしましょう。入浴の時に簡単にケアできます。