アトピー肌にも優しいメイク法について

アトピー肌にも優しいメイク法
スポンサードリンク

アトピー肌にも優しいメイクの方法できれいに

最近はアトピーやニキビの治療中でも、重症でないときにはメイクを楽しんでよいというふうな傾向にあります。メイクをすることのメリットは、精神的な効果です。アトピーで外見を気にして人前に出るのも辛いこともあります。きれいにメイクをして、気になる皮膚の赤みやニキビをカバーすることができれば、自分に自信がついて、職場や学校にも明るい気持ちで通うことができます。実際に、いままで引きこもりがちだった人が、メイクをすることによって、積極的に外出できるようになったという声もあります。また、きれいにメイクをしたら、化粧くずれをさけるために顔をいじらなくなります。アトピーの炎症がかゆくても、ちょっとがまんしてかきむしらない、ニキビができていてもつぶさない、といういい癖がつくのです。

 

そのためには、アトピー肌の人でも安心して使える刺激の少ない化粧品と、症状を悪化させないようなメイク術が必要です。「無添加」「自然派」「敏感肌用」といろいろな化粧品が市販されていますが、しかし、どれが安全で自分の肌に合うかを判断するのは、とても難しいです。

 

化粧品の値段も様々です。今は、敏感肌に対応したシリーズでも、基本のスキンケアグッズだけでなく、フルメイクできるようなラインナップがそろっています。売り場の店員さんに相談してみたり、サンプルや小容量のお試しセットなどからスタートして、安心して使うことができて、しかも自分の好みに合う化粧品を見つけてください。

 

症状別のお化粧ガイドライン

症状

お化粧法

炎症が悪化し、じくじくしている炎症が悪化、じくじくする。

マスカラと口紅など、ポイントメイクだけにしておく。薬と保湿薬だけにしておく。ファンデーションはお休みする。

赤くなって、少し炎症がある赤くなって、少し炎症がある

自分の肌に合うパウダリーファンデーションなどで軽くベースメイクする。目のまわりに炎症があったときは、アイメイクは控えめにする。

少し乾燥気味だが、調子がいいとき少し乾燥気味、肌の調子いい

フルメイクしてもOK。コンシーラーは必ず敏感肌用のものを使う。メイク落としして洗顔後は、しっかり保湿する。

 

中等度以下の症状の場合のメイクアップのコツ

アトピー肌のメイクは、保湿とベースづくりが重要です。中等度以下の症状の場合のメイクアップのくわしいプロセスを紹介します。

まず保湿

肌への負担を軽減するため、顔全体に保湿薬や保湿クリームなどを塗り、しっかり保湿してからメイクを始めます。唇には刺激の少ないリップクリームを塗っておきます。

 

ベースメイク

下地クリームもやや多めに使います。ファンデーションののりもよくなり、紫外線対策にもいいです。外出する日は、日焼け止め効果の高い下地クリームを使ってもいいです。肌への負担が少ないコンシーラーを使用し、気になる部分をカバーします。

 

ファンデーション

肌のタイプと好みに合わせて、ファンデーションを選びます。リキッドタイプでも、パウダリータイプでも、ファンデーションの色を選ぶときは首の色に合わせるのがポイントです。リキッドタイプを使うにしてもパウダリータイプを使うにしても、肌をこすらないように注意してつけてください。
※パウダリーファンデーションのパフは、まめに洗って乾かし、つねに清潔な状態で使いましょう。

 

アイメイク

目のまわりに軽いかさつきなどの症状が出ているときのアイライン、アイブロウには、硬めのアイペンシルや落としにくいリキッドタイプではなく、刺激の少ない固形パウダークリームタイプのアイカラーで代用するといいです。先の細いチップやブラシ、あるいは指先にとり、軽く押さえるようにつけると肌の負担が少なくてすみます。マスカラは皮膚につかないようにします。
※まぶたの皮膚に症状が出ているときは、アイシャドウははぶいて、アイラッシュカラーでまつげを上向きにカールさせ、マスカラをつけるだけでも目元がくっきりします。マスカラを落とすときは、専用のリムーバーを含ませたコットンでまつげだけを上下からはさみ、できるだけ皮膚にさわらないように落とします。

 

リップ

口紅は必ずリップブラシにとり、まず上下のラインを描いてから、唇に軽くぬります。アトピーの炎症で唇の輪郭がぼやけてしまっている場合が多いので、リップブラシやリップペンシルで輪郭をはっきり描くと顔全体の印象が引き締まり、はなやかに見えます。

 

チーク

ほおの赤みが目立つ場合には、チーク(ほお紅)は省いてもいいですが、顔色を元気に見せたいときは、チークが効果的です。つける場合は、大きめの毛先の柔らかいブラシを使いましょう。毛先が硬いと皮膚に刺激になり、かゆみが増すので注意しましょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク

アトピー肌にも優しいメイク法関連ページ

アトピー肌のスキンケアとは
アトピー肌の適切なスキンケア方法と改善方法を解説しています。アトピー肌の肌の状態をまずは知ってください。そして、アトピーのスキンケアは清潔と保湿のスキンケアが大切です。正しいスキンケア方法を学びアトピー肌を改善していきましょう。