美白になる方法

美白
スポンサードリンク

美白になるには

美白

白肌を守るための基本ルール

くもりの日でもUVケアは怠らない

雲の厚さや状態によっても変わりますが、くもりの日でも晴れの日の60〜70%の紫外線が降り注いでいます。UVカットは怠らないようにしてください。

 

室内にも紫外線は届いているのでUVカットしよう

室内にいる時でも、窓ガラスは紫外線を通します。ガラス越しでも外の約8割もの量が侵入しています。家にいる時でも、日焼け止めはマストです。

 

日差しをよけるときは手のひらで

手のひらと足の裏にはメラニン色素がないので、日焼けしません。日差しをよけるときは、太陽に手のひらを向けるようにすると、気になる手の日焼けも防げます。

 

サングラスで目を守る

目に入った紫外線は脳で記憶されます。その記憶により、肌が日焼け症状を起こすこともあるので、目も守るようにすることも大切です。

 

UVカットはムラなく均一に塗る

UVカットを塗っていても、ついている部分とついていない部分の差があるようなムラ塗りは危険なので、ムラなくまんべんなく肌に広がるように、丁寧に均一に塗りましょう。

 

日傘や帽子だけじゃ防げていないコンクリートの照り返しにも注意する

空からだけでなく、アスファルトや芝生、白い壁、砂浜、雪などに反射、散乱して肌に届いてしまう紫外線もあります。あらゆる方向から紫外線は攻めてくるので、日焼け止めを塗って全方位ケアしましょう。

 

朝は起きてすぐ、昼はランチ前、夕方は帰宅前にUVカットケアする

UVカットや乳液やファンンデは、こまめに塗り直すことがポイントです。朝はスキンケアの仕上げとして、昼はランチで外に出る前、夕方は外出する前にチェックしてください。

 

サンダルのときは足の甲から指先まで日焼け止めを塗る

直射日光が当たる場所なので忘れずにケアします。外出前にUVカットを塗ることを習慣にします。

 

帽子をかぶっているときにもUVカットは必要

紫外線は空気中のホコリやチリにも反射し、顔に届きます。また、下からの照り返しもあるので、帽子で直射日光を防いでいても、UVカットは必須です。

 

明るい色・透ける服のときは、しっかりとUVカットケアする

紫外線は明るい色に反射しやすく、目の粗いものは透過しやすい傾向があります。紫外線の影響が出やすい洋服はUVケアを入念にしましょう。
○黒Tシャツは半袖・デコルテやけに注意し、服と肌の境目にUVカット商品を塗ります。
○明るい色の服は、反射により、紫外線が顔やあご、首にあたりやすくなるので、UVカットケアを念入りにします。
○透けた服は、紫外線を透過します。肌が出ていない服の下まで日焼け止めを塗り、白い肌をキープします。
○紫外線が強いときに外に出る場合は、カーディガンなど袖の長いはおりものを重ねるのがおすすめです。バッグの中に常備しておきましょう。

 

おしゃれ日傘は必須です

日傘をさすと、多くの紫外線がカットできます。持ち歩く習慣をつけましょう。雨天用ではUVカットできないのでUV加工しているものを選びます。色は好きな色で大丈夫です。日傘は体に近づけてさすことで、UVカット率が高まります。

 

紫外線は一年を通して降り注いでいます。季節やシーンに合わせた日焼け止めを用意して毎日欠かさず塗りましょう。白肌キープには日焼け止めがマストです。

 

 

美白ケアQ&A

うっかり日焼けしてしまったら?

沈静させて水分補給が大切です。ヒリヒリ感や赤みがあったら、冷やしたタオルや氷のうで、冷やします。炎症がおさまったら保湿タイプの化粧水をつけます。3〜4日間続けてほてりが落ち着いたら美白タイプへ。

 

体の中から美白はできますか?

緑黄色野菜を食べましょう。色の濃い食材、食黄色野菜はビタミンがたくさん入っています。紫外線の影響を受けにくい肌になれるので、積極的にとり入れてください。かぼちゃ、にんじん、ピーマン、ブロッコリー、小松菜がおすすめです。

 

 

ソバカスとシミは別ですか?

ソバカスもシミの仲間です。紫外線で悪化することもあります。悪化させる前に、紫外線対策をするのが重要です。

 

 

シミができ始めるのは、何歳くらいからですか?

個人差が大きいですが、早めの対策が美肌の秘訣です。たとえ若くても、むやみに紫外線を浴びればシミになるので、あまり年齢は関係ありません。紫外線ダメージは少しずつ肌に蓄積されるので、今から適切なケアを心がけましょう。

 

 

シミができちゃった!もう消えませんか?

まだ薄いシミやそばかすなら、美白ケアを頑張れば目立たなくすることも可能です。あきらめずに根気よくお手入れしましょう。部分集中ケアでうすくできます。

 

ボディもしっかり美白しよう

○髪や目はダメージを受けやすいです。髪の分け目も忘れずにUVケアをしましょう。頭皮の日焼け予防には帽子がいいです。

 

○日焼け止めは、たまっている皮膚をのばし、みぞまで丁寧に塗り込むことです。ひじと膝は曲げてから日焼け止めを塗りましょう。

 

○紫外線に一年中さらされている手元。SPF入りハンドクリームで一年中手をガードしましょう。

 

○日焼け止めを外でもこまめに塗り直すのが紫外線対策の極意です。簡単に使えるシートorスプレータイプの日焼け止めを携帯しましょう。

 

○肌をサラサラに保つボディパウダーを重ねればべたつきが解決できて、日焼け止めも落ちにくくなります。日焼け止めのベタつきはボディパウダーで解消しましょう。

 

○服の色や生地によって、紫外線カット効果にも違いがあります。紫外線を通しにくいの服は、濃い色や綿が良いです。

スポンサードリンク