陰部のかゆみ

陰部のかゆみについて

ショーツ

 

陰部のかゆみの原因

陰部のかゆみはいろいろな原因で起こります。考えられるのは、生理のときに蒸れたナプキンでかぶれたりすることです。下着などの刺激で起こることもあります。またカンジダによるかゆみも多いです。カンジダというカビの一種が膣の中で繁殖して、かゆくなったり白い粉状態のおりものが出たりします。膣からそのまわりの皮膚にまでかゆみが及ぶこともあります。

 

また、陰部にできる「脂漏性皮膚炎」もよくあります。毛の生えている部分がとくにかゆくなり、赤くなったり皮がめくれたりします。とくに原因無く陰部がかゆくなる「陰部掻痒症」というものもあります。陰部は絶えず下着で蒸れたり、すれたりしやすいため、それだけでかゆみが生じることもあります。ついかきこわすと、よけいにかゆみが増すという悪循環に陥ります。

 

陰部のかゆみのケア・対策

生理のときにナプキンで蒸れたりかぶれたりのかゆみの場合

ナプキンを敏感肌用にしたり、蒸れない下着に変えたりする工夫をします。

 

カンジダによるかゆみの場合

婦人科で検査を受けましょう。カンジダは、性交渉よりも、むしろ疲れなどによる免疫力低下や抗生物質の無い服が引き金になり発症することが多いです。かきこわす前に、産婦人科か皮膚科を受診し、カンジダを殺す塗り薬と膣錠を処方してもらいましょう。

 

脂漏性皮膚炎による場合

脂漏性皮膚炎の症状の時は弱めのステロイド軟膏でかゆみを抑えたほうがよいでしょう。

 

陰部掻痒症の場合

かきこわす前に、早めに皮膚科などで塗り薬(ステロイド軟こう)をもらいましょう。

 

陰部のかゆみ関連ページ

体臭
体臭の原因と対策を紹介しています。男性や女性にも皮脂が原因で体臭が発生します。皮脂や汗がにおいとなる前に、体や頭皮をいつでも清潔に保つようにすることが大切です。
汗かき
汗かきで悩む人は多いですが、汗かきの原因はなんでしょうか?汗かきの原因や治療法やツボなど、汗かきについての情報をわかりやすく紹介しています。汗かきは何科を受診すればよいのかもわかります。汗かきを治す方法で、汗かきの悩みを解消しましょう。
乳輪のかゆみ
人に相談しづらい乳輪のトラブル。乳輪のトラブルの中でも代表的なのが乳輪のかゆみです。かきこわしてしまう前に、早めにケアをしましょう。乳輪のトラブルの原因と対策方法を紹介します。
背中のニキビ
背中のニキビを治したい方に、背中のニキビの原因と対策方法を紹介します。背中は体の中でも皮脂腺が多く存在する部分で、皮脂の分泌も多くにきびができやすいです。ゴシゴシと洗うのはよくありません。体を洗うときは、綿のやわらかいタオルを使って優しく丁寧に洗いましょう。
手荒れ
手荒れは、掃除や洗濯や食器洗いなどの家事を行う女性や肌の弱い方に多い悩みです。その手荒れの原因と対策方法を紹介します。水や洗剤をしようするときは、手袋をしたりすることで肌荒れが防げる場合もあります。かゆくなったり湿疹ができたりなど、ひどくなる前にしっかり対策しましょう。
足と腕の乾燥
足や腕がカサカサしてかゆみを伴う人は意外と多くいます。冬は乾燥してカサカサして粉をふき、かゆくなってしまう方もいます。そんなカサカサやかゆみの悩みの原因や簡単な対策方法を紹介します。かゆみは本当につらいので ちょっと工夫してかゆみがなくなるようにしましょう。
首のしわ
首は他人からもよく見られている部分です。首で年齢がわかるというほど首元は注目されている部分です。ついつい首のケアは怠ってしまいがちですが、首も紫外線の影響でシミやシワができてしまうこともあるので、しっかり首のケアをしましょう。他にも首のしわの原因や対策方法も紹介します。
バスト・デコルテ
デコルテは、首から胸元までの部分です。ネックレスをしたり、首元から胸元の襟ぐりがあいた洋服を着た時にも目に付く部分です。デコルテ部分は年齢が見える部分なので、いつでもキレイにしておきたいのではないでしょうか?美しいバストラインのキープ方法とデコルテのケアについて紹介します。