肌老化の原因・対策

肌老化
スポンサードリンク

肌老化の原因と対策、エイジングの正しい知識

肌老化

 

女性は誰しも恐れる老化現象ですが、肌老化とはいったいどういうことなのか、それを知って賢い対策を立てましょう。肌老化の原因をあげてみます。

 

1.紫外線
肌老化の原因65%を占めるのがこの紫外線です。「光老化」ともいわれています。老化でいちばん恐れるべきです。通常は、日光を浴びると肌を守ろうとしてメラニン色素がつくられ、その後ターンオーバーによって排泄されます。しかし、繰り返し紫外線を浴びてしまうと、メラノサイトの数が増え、また表皮が厚くなるなどの変化もおきて、シミができるのです。そして真皮にまで到達した紫外線がコラーゲンを変性・劣化し、弾力が失われ、肌にたるみやシワが刻まれてしまいます。

 

紫外線のダメージは、日々蓄積され、肌に溜まっていきます。紫外線によってメラニンが増えることだけが、シミの原因ではありません。紫外線によって細胞のDNAも傷つき、肌そのものの構造が変性してしまうことがシミの大きな原因です。なので、メラニンを減らすためのケアだけではシミは薄くならないのです。紫外線により変化した肌の構造を、完全に元に戻すことができないからです。日ごろから紫外線対策をしっかりして、肌をガードしましょう。そしてわずかな外出の時でも紫外線対策を忘れないようにしてください。

 

 

2.活性酸素
活性酸素は、私たちの身体の細胞を強力にサビつかせる、悪玉酸素。普通の酸素に比べて、著しく科学反応を起こしやすいです。これが体内で大量に発生すると、細胞や遺伝子を傷つけ、老化を引き起こします。活性酸素はシミやシワなどの老化のほかに、ガン細胞の発生にもかかわることがわかっています。活性酸素の原因になるといわれているのは、紫外線や大気汚染、食生活、ストレス、喫煙などさまざまです。これらを全部避けることは不可能なので、極力避けつつ、体内の抗酸化力を高める努力が必要です。抗酸化力の高い食品などを積極的に摂りましょう。

 

抗酸化物質の代表的なものはビタミン類です。ビタミンA・C・Eの3つが特に抗酸化力が高いです。小松菜やブロッコリーなどの緑黄色野菜、キャベツなどの単色野菜、玄米、植物油、大豆、落花生などにビタミンが豊富に含まれています。ポリフェノールも抗酸化力があります。ブルーベリー、紫イモ、そば、ごま、緑茶、大豆イソフラボンもポリフェノールの一種です。天然の色素カロテノイドも抗酸化力が高いので注目です。鮭、えび、とうもろこし、ほうれんそう、トマトなどが入ります。このように、抗酸化物質はたくさんあり、もたらす効果もさまざまです。ひとつの食品をたくさんとるより、いろいろなものを組み合わせて取り入れるのがおすすめです。

 

 

3.炎症
スキンケアの物理的刺激で肌がちりちり炎症を起こすことがあります。非常に多いのが肌のこすりすぎによるシミです。頬骨の高い部分を強くこする癖のある人にできやすいです。肌をたたくスキンケアをしている人も赤ら顔になりやすく毛細血管が赤く浮き出てしまうこともあります。拭き取りタイプのクレンジングを使用している人は、コットンやティッシュの摩擦による刺激で、肌が乾燥したり湿疹ができることもあります。肌に合わない化粧品の使用で気づかない間にシミをつくってしまう人もいます。そして強いマッサージでかえってシミやシワを増やしてしまう人もいます。

 

肌をたたいたり強くこすったり引っ張ったりするようなスキンケアや、肌に合わない化粧品の使用は、肌に慢性的な炎症を起こしていることになります。慢性炎症は肌老化の原因になります。間違ったお手入れで、肌は炎症を起こしていませんか。日々のお手入れを見直して、慢性炎症による老化から肌を守りましょう。

 

 

4.血行不良
肌をすこやかに育むためには、酸素や栄養素が必要です。それらを肌の細胞に届けるには、肌の内側に網目のようにはりめぐされた血管です。毛細血管が肌の細胞のすみずみまで酸素を栄養を送り、不要になった二酸化炭素と老廃物を回収します。この代謝がスムーズに行われることで、健康な肌が維持されます。ところが、加齢とともに血行は悪くなります。すると、肌の細胞に酸素や栄養が行き届きにくくなるうえに、老廃物がたまってしまいます。その結果、肌老化が進み、くすみ乾燥が起こりやすくなります。

 

血行不良を起こす原因として加齢のほかに運動不足、喫煙、不規則な生活、冷えなどがあります。これらのことに気をつけて血行を維持することが、肌にも身体にも大切です。

スポンサードリンク

肌老化記事一覧

エストロゲンは、体内で最強の抗酸化物質といわれます。つまり、ずばり若返りのホルモンです。老化を引き起こす活性酸素を除去し、また、コラーゲンや肌の水分を守る働きもあるといわれています。エストロゲンは血管の老化も防ぎ、成人病を予防する効果もあります。生理のある、すなわちエストロゲンが多い年齢の女性は、男性に比べて動脈硬化、痛風などの生活習慣病...
詳細を見る