アンチエイジング方法

アンチエイジングって何?
スポンサードリンク

アンチエイジングって何ですか?

アンチエイジング

 

エストロゲンは、体内で最強の抗酸化物質といわれます。つまり、ずばり若返りのホルモンです。老化を引き起こす活性酸素を除去し、また、コラーゲンや肌の水分を守る働きもあるといわれています。

 

エストロゲンは血管の老化も防ぎ、成人病を予防する効果もあります。生理のある、すなわちエストロゲンが多い年齢の女性は、男性に比べて動脈硬化、痛風などの生活習慣病にかかることは少ないものです。女性は、妊娠、出産という大仕事に備えるために、エストロゲンで守られているのかもしれません。

 

この女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量は25歳ごろをピークに、30代後半から閉経にかけて分泌量は急激に減少します。更年期になるとさらに低下します。その結果、コラーゲンが減少して、シワやたるみが目立つようになります。また、肌のターンオーバーも年齢とともに低下するのでシミが残ったり、ニキビも治りにくくなります。肌の老化は誰にでも起こります。これらの肌の老化を防ぐための対策のことを「アンチエイジング」といいます。

 

年齢に合わせてアンチエイジング

10〜20代からは、1年を通して紫外線対策をします。とにかく保湿します。乾燥から肌を守る「保湿」は、エイジングケアに欠かせません。肌が乾燥するとツヤや透明感がなくなるだけでなく、バリア機能が低下し、肌荒れの原因になります。肌のバリアを高め、ビタミンC誘導体配合の化粧水などで肌に栄養を与えるスキンケアをします。セラミド配合の美容液も保湿力があるのでおすすめです。

ビタミンC誘導体配合化粧水でスキンケア


 

30〜40代には、表皮の角質を取る働きのあるピーリング剤を使ったお手入れを取り入れます。AHA配合のピーリングで週1回程度角質ケアをすると肌のターンオーバーを高めます。洗い流すタイプがおすすめです。また、強力なエイジングケアとしてレチノールもはずせません。レチノール配合のクリームや美容液で真皮のコラーゲンを増やすスキンケアをしましょう。ビタミンCのイオン導入器を使ったお手入れもおすすめです。このビタミンCのイオン導入器というのは、化粧水や美容液に含まれるビタミンCにマイナス極の微弱な電流を当てて反発させ、有効成分を肌の奥まで浸透させることができます。また、紫外線対策も忘れずに行います。紫外線対策には「パウダーファンデーション」がおすすめです。肌に負担をかけずに確実にUVカットできます。

イオン導入器でスキンケア


 

生活習慣に気をつけて肌老化しないようにしよう

肌老化しないようにするためには生活習慣に注意します。

睡眠不足

睡眠不足は肌の大敵です。肌の生まれ変わりを促す良質な睡眠をとります。

 

紫外線

肌を錆びさせる活性酸素を発生。シミの原因にもなります。紫外線対策をしっかりしましょう。

 

ストレス

ストレスがあると、不眠になったり肌荒れを起こしたりすることがあります。上手にストレス解消しましょう。

 

偏食

偏食が原因で肌トラブルが起こることもあります。栄養バランスのとれた食事をとりましょう。

 

水分の摂りすぎ

飲み過ぎるとむくみを起こしたり、冷たい水で体を冷やします。体がむくんだり冷えると代謝が低下し肌のターンオーバーも乱れます。水分は摂りすぎても足りなくても体によくないです。

 

体の冷え

血行が悪くなって、肌の新陳代謝を低下させます。

 

タバコ

活性酸素を発生させる上に血行が悪くなって、肌の新陳代謝を低下させます。

 

胃腸の不調

胃腸の調子が悪いとニキビなどの原因になることもあります。体調管理にも気をつけます。

 

間違ったスキンケア

間違ったスキンケアの方法では、肌を傷つけてしまい、肌のバリア機能も低下してしまいます。正しいスキンケアをしましょう。

 

 

スポンサードリンク