毛穴の種類・ケア方法

毛穴
スポンサードリンク

毛穴の種類別ケア方法

毛穴

 

毛穴の種類

角栓づまり

皮脂や古い角質がまざって黒ずんだものがたまり、毛穴が目立つ。鼻や額など、Tゾーンに多いのが特徴です。もともとの肌質によるところが大きいが、毎日の洗顔で皮脂をきちんと落とせていない場合もこれができやすくなります。
角栓づまり

 

たるみ毛穴

真皮のコラーゲンが変性し、皮膚が毛穴を支えきれず、たれてきた状態。ほおに多く見られます。顔のシワやたるみと同様に、加齢や不規則な生活、喫煙などによって目立ってきます。20代後半から目立ってきた毛穴の開きは、このタイプであることが多いです。
たるみ毛穴

 

 

毛穴が目立つ原因とケア方法

1.遺伝的な肌質

毛穴の大小には個人差があり、ほとんど遺伝的なものです。皮脂腺が大きい人は、毛穴も大きいです。男性ホルモンが遺伝的に高い人は思春期ごろから皮脂が増え、毛穴が開いたりニキビができやすくなります。

ケア方法

遺伝的なもので男性ホルモンを薬で下げるなどはできません。睡眠不足や脂っこいものを食べ過ぎたりなども皮脂をさらに増やしてしまって毛穴が目立ってしまうので気をつけてください。

 

2.角栓づまり

皮脂と角質(あか)が混じって黒いかたまりをつくり、毛穴の出口で詰まることがあります。放っておくとだんだん毛穴を押し広げていきます。ブラックヘッドやイチゴ毛穴などとも呼ばれます。これは主に体質的なものです。

ケア方法

余分な角質をとり除くケアが有効です。角栓づまりは酵素洗顔料を使うと予防できます。酵素洗顔は毛穴の周囲の角質を取り除き、毛穴をつまりにくくします。乾燥などで角質が厚くなり、毛穴の出口がふさがれやすい人におすすめです。ただし、洗浄力が強いので肌の弱い人は週1〜2回くらいの使用でとどめてください。ひんぱんに毛穴パックをしている人がいますが、穴が広がるだけで逆効果です。毛穴パックは2週間に1回程度にしてください。

 

3.たるみ毛穴

加齢で皮膚のコラーゲンが減ったため、毛穴を周りから支える力がなくなり毛穴が開いていきます。毛穴がゆるんで広がったものです。

ケア方法

コラーゲンを減らさないような対策をします。ピーリングやレチノール、ビタミンC誘導体によるコラーゲンを増やすケアを行います。

 

毛穴を目立たせないメイクテク

毛穴を隠すためにファンデーションを厚塗りすると、メイク崩れを起こしやすくなり、逆に毛穴が目立つようになってしまいます。ファンデーションはなるべく薄塗りにして、まめにメイク直しをすることで、毛穴を確実に目立たないようにできます。
毛穴のメイクテク

 

自分の肌の色に合っているファンデーションを顔全体にのせます。厚塗りにならないようになるべく薄く塗る。

 

パール系のフェイスパウダーには、肌に当たった光を拡散させ、肌の凹凸を目立たなくさせる視覚効果があるので、毛穴の目立つ部分にのみパール系のフェイスパウダーを重ねます。パール感が強いと毛穴が目立ってしまうこともあるので、上品な輝きのパウダーを選ぶ。
スポンサードリンク