小鼻の赤みの原因とケア

小鼻のまわりの赤み
スポンサードリンク

小鼻のまわりの赤み

小鼻のまわりの赤み

 

小鼻の赤みの原因

小鼻の赤みの原因はふたつあります。原因として、小鼻は、顔の中でも皮脂の分泌が多いところですが、そのため、過剰に出た皮脂が酸化して、それが肌への刺激となって炎症して、脂漏性皮膚炎を起こすことがあります。炎症は、紫外線や、皮膚についた雑菌によっても悪化します。ひどくなると、鼻の両側から徐々に広がっていって、顔全体や額まで赤くなってしまうこともあります。

 

二つ目の原因は、毛細血管の拡張によるものです。寒い季節に外気に触れるたり、お酒を飲むと小鼻が赤くなります。これはどうしてかというと、拡張した血管が皮膚から透き通って見えるからです。それに、小鼻はカーブして皮膚が薄くなり目立ちます。

 

症状はどんな感じか?

症状としては、小鼻のまわりが赤みを帯びたり、皮がむけます。症状の軽いものも含めると、多くの人に見られます。

 

ケア方法

洗顔で皮脂をしっかり洗い流して落とし。ビタミンC誘導体配合の化粧水でケアするのがおすすめです。

 

石けんで余分な皮脂や汚れをしっかり洗い流します。日中は、油とり紙を使いましょう。

 

ビタミンC誘導体の化粧水を使うといいです。ビタミンCには、皮脂の酸化を防止したり、炎症をおさえる力があるからです。誘導体型のビタミンCは、肌への吸収もよいので、いちばん適しています。

 

食事のバランスに気をつける。野菜からビタミンBやCを摂ること、甘いもの、油が多いもの、アルコール、刺激物、サラダオイル、マーガリンは控え、サンマやイワシなどの青身魚の良質な脂を摂る。

 

赤みを気にする人は、半身浴は控えます。顔が真っ赤になって、汗ばむほどお風呂に入っていると、汗っかきになり余計に赤ら顔になってしまいます。サウナも控えること。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク