マウスケア・正しい歯磨きの仕方

マウスケア
スポンサードリンク

マウスケアの方法

マウスケア歯磨き
健康できれいな歯をキープするために、正しい歯の磨き方など学んでいきましょう。きちんと歯磨きをしないでいると、歯垢が残ってしまい、それが虫歯や歯周病の原因になります。自分の歯は自分で守るという意識を持ちましょう。

 

正しい歯ブラシの選び方

正しい歯ブラシ選び方
毛先をうまく使い、歯のすみずみまできれいにしっかり磨くには、口のサイズや状態に合わせた歯ブラシを選びましょう。一般的には、
毛の硬さはふつう、植毛部分(ヘッド)の部分は小さめ、持つところ(柄)の部分はまっすぐを選ぶといいです。
■毛の硬さ
歯ブラシを選ぶときに毛の硬さで悩むこともあるかとおもいますが、歯ブラシのパッケージに「かため」「ふつう」「やわらかめ」というふうに毛の硬さが表示されていたら、特別な理由がある場合を除いて「ふつう」を目安に選びましょう。「かため」だと毛先が歯茎にあたり痛みを感じてしまうし、歯の隙間にも入りにくいです。「やわらかめ」は汚れが落ちにくく、きちんと磨くのに時間がかかってしまうというように、使い方の難しさがあるからです。ただし、握力が弱い人は「かため」を、歯茎にひどい炎症がある人は「やわらかめ」を使ったほうがいいです。

 

■植毛部分(ヘッド)
上の前歯2本分の大きさよりも、やや小さめが理想的です。大きすぎてしまうと小まわりがきかないので、奥歯をきちんと磨けません。

 

■持つところ(柄)
力を入れすぎず、効果的に歯を磨くには、歯ブラシをペンのように握るのがよいので、できれば「まっすぐ」なものを選んでください。様々な形に特殊加工されているものは、自分の手の大きさに合わせて、握りやすいものを選んでください。

 

歯ブラシの替え時

歯ブラシの替え時
1日に2回磨くとかていした場合、「1ヶ月ごと」が歯ブラシの替え時の目安です。また、歯ブラシを後ろから見て、毛先がはみ出していたら寿命です。毛先が広がってしまった歯ブラシでは、毛の弾力を失っているので、ちゃんと歯垢を落とすことができません。そのため、磨くときに力がはいってしまい、歯茎を傷つけてしまうのです。衛生的にもよくないので、ダメになったら、交換しましょう。

 

 

 

 

歯磨き粉の正しい選び方

歯磨き粉の選び方
歯磨き剤に含まれる代表的な成分と成果をご紹介します。これらを参考にして、自分の歯のタイプに合うものを使用してみてください。違う成分の歯磨き剤を、朝と夜で使い分けてみてもいいですよ。

 

◆フッ素
ワカメやお茶、のりなどに多く含まれる栄養素です。歯の修復(再石灰化)を進めて、歯を強くします。歯垢を抑える効果もあります。

◆キシリトール
天然の甘味料。砂糖と違って虫歯の原因にはなりません。歯の修復(再石灰化)を進めて、歯を強くします。歯垢を抑える効果もあります。


 

◆ビタミンE
血行を促進して、歯茎の色を美しく保ちます。歯周病の予防にもなります。

◆ハイドロキシアパタイト
歯や骨の主要成分。唾液に含まれるミネラル成分を歯の表面に吸着させ、歯を修復します。


 

 

正しい歯の磨き方

正しい歯磨きの仕方です。

 

■1日の歯磨きの回数
1日3回、3食の直後に磨くのが1日の理想的な歯磨きの回数です。1日2回しか歯を磨けない人は、「朝食後」と「夜寝る前」に、1日1回しか歯を磨けない人は「夜寝る前」を欠かさないようにしましょう。

 

 

■寝る前に歯を磨いた後は
夜寝る前の歯磨きのあとは、糖分が含まれるものや、お茶やタバコも避けてください。含まれているタンニンが、ヤニや黄ばみの原因になってしまいます。

 

 

 

1.歯ブラシを握る
歯ブラシを握る
ペンのように握るようにします。持つのは利き手です。ただし、右利きの人は右の歯、左利きの人は左の歯を磨き残ししやすいので、磨く場所によっては持つ手を変えます。

 

2.歯磨き粉をつける
歯磨き粉をつける
泡立ちがよくなるように、歯ブラシを水で濡らしてから歯磨き粉をつけます。歯磨き粉を使わなくても、ちゃんと歯垢は落とせますが、歯磨き粉は歯垢の予防タバコやお茶による着色汚れを落とす作用がありますので、適量をつけるといいでしょう。歯磨き粉の適量は小豆大が基本です。つけすぎには気をつけましょう。そのぶん清涼感に満足して、歯を磨き残す可能性があります。

 

 

3.歯を磨く
歯を磨く
丁寧に歯の1本1本を磨きます。歯ブラシは小刻みに動かします。歯の部分によって、磨き方も変えましょう。

 

 

■毛先を上手に使おう
歯を磨く場所によって、歯ブラシの「つま先」「わき」「かかと」の3ヶ所を使い分けてください。

つま先

つま先

わき

わき

かかと

かかと

 

◆歯の表側
歯の表側ブラシ動かし方
歯の表側磨く
歯に対して歯ブラシを「直角」にあてます。「つま先」を主に使いながら、小刻みに「横」に歯ブラシを動かします。

 

◆歯の裏側
歯の裏側磨く
歯に対して歯ブラシを「垂直」にあてます。「かかと」を主に使いながら、小刻みに「縦」に歯ブラシを動かします。

 

◆歯と歯のすきま歯と歯茎の境目
歯のすきま歯茎境目磨く
歯に対して歯ブラシを「45度」にあてます。歯ブラシは軽くマッサージをするように「横」に動かします。奥歯の隙間は「つま先」、手前の歯の隙間は「かかと」、歯と歯茎の境目は「わき」を主に使います。

 

◆奥歯のかみ合わせ
奥歯のかみ合わせ
歯に対して歯ブラシを「平行」にあてます。小刻みに「手前に引く」ように歯ブラシを動かします。歯ブラシ全体を使って磨きます。

 

 

4.磨き残しやすい部分をもう一度磨く
歯と歯茎の境目、上あご最後尾にある奥歯の裏側、前歯の裏側、歯と歯の間、奥歯の溝は磨き残しやすい部分なのでもう一度丁寧に磨きます。

 

5.口をすすぐ
何度も口をすすぎ、歯磨き粉をすべて洗い流します。ただし「フッ素入りの歯磨き粉」に限っては、効果がうすれるので軽くすすぐ程度にしてください。

 

6.歯垢をチェックする
歯磨きが終わったら、舌を使って歯垢をチェックします。まだヌルヌル感やザラザラ感がある部分があったら、もう一度その場所を磨き直しましょう。

 

お口の中トラブル対処法

口臭

■生理的口臭
朝起きたとき、空腹のとき、疲れているときなど、唾液が減少し、バイ菌が増えた時に発生します。ただし、生理的口臭は、誰にでもあるものなので、気にしないようにします。口臭の対処法は、歯をしっかり磨くこと、それでも改善されない場合は、舌につくバイ菌を舌用のブラシで除去します。洗口液を使うのもいいです。歯磨きの後に洗口液で仕上げをすると殺菌効果で口臭を防ぐことができます。それと、唾液を分泌させることもいいです。噛む回数を増やして、殺菌作用のある「唾液」を分泌させます。食べる時にはひとくち30回かんだり、ガムをかむ週間をもつなどです。

 

■病的口臭
歯周病、虫歯、鼻炎、糖尿病などが原因で口臭が発生します。対処法は、基本的には生理的口臭と同じですが、治らない場合は歯医者さんに相談してみてください。

 

歯石

食べ物に含まれるカルシウムが石のように硬くなり、歯に付着することで発生します。対処法は、できてしまった歯石は、歯医者でとってもらうしか方法がありません。歯石の原因は歯垢なので、毎日の歯磨きでしっかり落としてください。

 

黄ばみ

タバコのヤニ、またはお茶やコーヒーに多く含まれるタンニンやポリフェノール類が、歯の表面に付着することで黄色く見えます。対処法は、ホワイトニング効果のある歯磨き剤を使い、毎日根気よく落としましょう。専門的な治療を受ければ本来の白さ以上に白くすることができます。

 

出血

歯垢が蓄積することで、歯茎が炎症を起こして出血します。出血は歯肉炎や歯周病の注意信号です。対処法は、軽症ならば、ブラッシングで治療することができます。出血をこわがらずに、炎症を起こしている部分をマッサージするように磨きましょう。2週間もすればおさまり、健康的なピンク色に戻るでしょう。それでも出血がとまらなかったら、歯医者さんに相談してみましょう。

スポンサードリンク