目の下のクマ・種類・原因・改善方法

目の下のクマ
スポンサードリンク

目の下のクマのケア方法・対策

目の下のクマ

 

目の下のクマを改善していきましょう。種類・原因・見分け方と特徴と対策方法を紹介します。

クマの種類

クマの原因

見分け方と特徴

クマ対策

青グマ

青グマ 

目の周りの血行不良が原因です。疲れや冷えなどでよどんだ血液が、皮膚を通して透けて見えます。色白の人やもともと肌が薄い人は目立ちやすいです。

指で皮膚を引っ張ると薄くなりますが、完全には消えません。コンシーラーなど、メイクでクマが隠れます。

青グマの見分け方

冷たいものやタバコは避けます。運動やツボ押し、マッサージで血行をよくします。一時的にはホットタオルも効果があります。皮膚の厚みを増すために、レチノール配合の化粧品などでコラーゲンを増やすお手入れをします。コンシーラーでカバーしてもいいです。

青グマ対策 

 

黒グマ

黒グマ

下まぶたの肌がうすくなって、目の周りの脂肪を支えられなくなって皮膚がたるむことが原因です。彫の深い顔立ちの人ほど目立ちやすいです。

影なので、上を向いたり、指で皮膚を引っ張ったりすると薄くなります。鏡をもち、顔を天井のほうに向けてみて、クマが薄くなるなら黒グマです。メイクで隠れません。

黒グマの見分け方 

 

 

 

皮膚のたるみで起こるので、コンシーラーでは隠せません。肌のコラーゲンを増やし、たるみを防ぐケアが有効です。ピーリングもおすすめです。むくむとさらに目立ってしまうので、冷たいものや塩分を控えましょう。

黒グマ対策

茶グマ

茶グマ 

シミ・くすみによるものです。目をこするなどの刺激で小さなしみができたり、角質が厚くなって肌色がくすんだりするために起こります。

色素沈着なので、指で皮膚を引っ張っても薄くなりません。寝不足で濃くなるということがないなら茶グマの可能性があります。メイクで隠れます。

茶グマの見分け方 

通常のシミ対策をし、美白ケアでメラニンを減らします。ピーリングで肌の代謝を上げるのも効果的です。ただし、湿疹などがない場合に限ります。

茶グマ対策

 

 

 

 

 

スポンサードリンク