ニキビができたときの上手なメイク法

ニキビができたときの上手なメイク法
スポンサードリンク

ニキビができたときの上手なメイク方法

ニキビができているときのメイクのポイントを紹介しています。ニキビが気になるからと全体を厚くするのはやめましょう。塗りすぎれば、毛穴がふさがるし、油分が多いのもいけません。このメイク法でカバーして、ニキビを上手に隠してあまり気にしないようにしましょう。

 

美容液で保湿する

セラミドやヒアルロン酸など、保湿効果の高い成分を配合した美容液を全体につけます。しっかり保湿をしておくことで、パウダー類のなじみがよくなります。ただし化粧下地は使わないことです。それはなぜかというと、ファンデーションのなじみをよくするための化粧下地は界面活性剤などの添加物が含まれていたり、油分が多いので使わないようにしてください。
美容液で保湿する

 

にきびの赤みはコンシーラーでカバー

ニキビの赤みが気になる場合は、部分的にコンシーラーでカバーします。肌に少しだけのせたあと、指の腹で軽くたたくようにのばすと自然に仕上がります。日焼け止めは、肌への刺激が強いので使いません。パウダー類には紫外線カット効果があるので、このあとパウダーファンデーションをつければ大丈夫です。
コンシーラーをつける

 

 

パウダー類をつける

ファンデーションをつけるとき、リキッドやクリームタイプのほうが肌になじみやすいですが、保湿していることにはならないし、界面活性剤や防腐剤などが多く含まれて肌への刺激も強いので、リキッドやクリームファンデーションは使わないようにします。薄づきのパウダーファンデーションまたはルースパウダーをつけるようにしてください。ファンデーションがのりにくい場合、ルースパウダーのほうが自然になじむことがあります。
パウダー類をつける

スポンサードリンク

ニキビができたときの上手なメイク法関連ページ

大人のニキビ
大人ニキビの原因は何か?大人ニキビのスキンケア方法と対策を紹介しています。10代のニキビとは原因が違います。大人のニキビは治りにくく、跡が残りやすいので、正しいスキンケア方法でニキビを治しましょう。ニキビ跡のタイプ別ケアも紹介しています。
ニキビの種類
ニキビができるまでの過程とニキビの種類を紹介しています。ニキビは段階により、症状と呼び方が違ってきます。白いニキビや黒いニキビくらいまでは、洗顔や市販薬を使用すれば治すことができ、赤にきびや黄ニキビになると、病院の専門医による治療が必要となってきます。早めに対処しましょう。
ニキビを漢方治療で治す
漢方薬は、ニキビを根本から治療するのにも役立つので、希望する場合は医師に相談してみましょう。ニキビ治療によく使われる漢方薬を紹介していますので参考にしてください。