シミの原因・種類・対策方法

シミ
スポンサードリンク

消えるシミと消えないシミがあるの?

シミ

 

シミが気になり始めると、多くの人が美白化粧品のケアを選ぶと思います。シミは、紫外線によってメラニンが増えたものなので、美白成分でケアすればシミがうすくなると考えるのも当然ですが、実際はそう簡単にシミを消すことはできません。

 

シミは原因やでき方でいくつかの種類があります。シミの中で最も多いタイプが老人性色素班です。このシミの場合は、見えるか見えない程度のごく薄い初期段階なら、美白化粧品が有効です。ただし、しっかり定着してしまったシミには効果は期待できません。美白化粧品は、肌のメラニン生成を抑えるはたらきを持つものですが、皮膚自体の構造が変化して生じたシミには効き目は期待できないのです。シミには、消えるシミと消えないシミがあることを覚えておきましょう。

 

では、美白化粧品で消えないシミはもう改善不可能かというとそうともいえません。まずは、シミのタイプによってケアの方法も違ってくるので、まずは自分のシミの種類を判別します。シミのケア方法はいくつかあって、光を当ててシミを薄くするレーザー治療や、薬の内服などで改善する場合もありますので、自分のシミの種類がわかったあとは、それに応じたケア方法でシミの悩みを解消しましょう。

 

このサイトでは、シミの原因、シミの種類、対策やケア法や治療法を紹介していますので、参考にしてシミを改善してください。

スポンサードリンク

シミ記事一覧

シミは顔にできる淡褐色や暗褐色色の色素班です。形は不規則で境界が比較的はっきりしています。シミの原因として一般的なのが紫外線によるダメージやホルモンなどですが、その他にもいくつかの原因が考えられます。シミの原因紫外線紫外線に当たることで、メラニンの増殖が起こって、シミになることがあります。特に、日光に当たる時間が長くなれば長いほどその可能...
詳細を見る
自分のシミの種類を判別しましょう。美白成分では改善できないシミがあることを知っておきましょう。そして、シミのタイプに合わせたお手入れや治療をしましょう。シミのタイプが自己判断できない場合は美容皮膚科に相談をしてください。シミの種類特徴対策・治療法老人性色素班別名「日光性黒子」とも呼ばれていて、いわゆる日焼けの積み重ねによってできるシミです...
詳細を見る
どうすればシミは薄くなってくれるの?シミを消す!?できてしまったシミを消す・薄くするには、やはり美白化粧品です。でも美白化粧品が、すべてのシミに万能というわけではないことを覚えておきましょう。それぞれの機能や、バランスを考えたお手入れが、大切ですよ。自分にあった成分は、自分の肌に合わせて美白化粧品といっても、成分によって肌への作用も違いま...
詳細を見る
皮膚科でできるシミの治療について紹介します。信頼できる皮膚科医を見つけるには、治療前に3軒は訪ねてみましょう。同じ質問をしてみると、それぞれの医師の考え方や患者への態度がよくわかります。そして治したい肌の悩みを明確にして今の肌悩みやトラブルをどのように改善したいのかよく考えてから受診し、医師に希望を具体的に伝えることが大切です。いい医師は...
詳細を見る
美白化粧品でシミは消えるのでしょうか?とても気になりますよね。美白化粧品はシミに効果があるのか解説します。シミの種類と美白化粧品の効果についてシミにもいくつか種類があって、一般的にシミと呼ばれるものの中で最も多いのが老人性色素班です。紫外線によってでき、頬やこめかみに丸くできます。その他には炎症性色素沈着といって、ニキビや傷、虫刺されの跡...
詳細を見る