美白化粧品の効果

美白化粧品でシミは消えるの?
スポンサードリンク

美白化粧品でシミは消えるか?美白化粧品の効果について

美白化粧品でシミは消えるのでしょうか?とても気になりますよね。美白化粧品はシミに効果があるのか解説します。
美白化粧品とシミ

シミの種類と美白化粧品の効果について

シミにもいくつか種類があって、一般的にシミと呼ばれるものの中で最も多いのが老人性色素班です。紫外線によってでき、頬やこめかみに丸くできます。その他には炎症性色素沈着といって、ニキビや傷、虫刺されの跡が、茶色くシミになって残ったものもあります。他には、脂漏性角化症、雀卵斑(ソバカス)、肝斑、花弁状色素班などのシミがあります。自分のシミがどれにあてはまるかによって、できる原因やお手入れ方法も変わってきます。

 

シミといえばなんでも美白化粧品でお手入れすればよいと思っている人が多いですが、シミの中にも美白成分が効くものと、効かないものがあります。たとえば老人性色素班(初期のもの)、炎症性色素沈着、肝斑、雀卵斑には美白化粧品が有効です。美白化粧品を使っているのに効かないと感じていた人は、まずは自分のシミのタイプを見極める必要があります。

 

美白成分は、ごく初期の段階なら老人性色素班には有効ですが、完全にできてしまったシミを消すものではありません。雀卵斑は理論上では、美白化粧品の効果が出るはずですが、遺伝的要素が強すぎるため、あまり薄くはなりません。肝斑は美白化粧品が有効です。ピーリングや内服薬と併用すると、より早く効果が現れます。炎症性色素沈着にも美白化粧品が効きますが、早く消したい場合にはピーリングが有効なので両方を併用してみるといいです。

 

できてしまったシミは美白化粧品できれいになるか?

さて、できてしまったシミは美白化粧品できれいになるのでしょうか?化粧品の美白成分は、もともと、新たにつくられるメラニン色素を減らす働きをするものであって、できてしまったシミを消すものではありません。むしろ、30歳になったあたりで、シミが実際にできはじめる前から、予防的に使いはじめるほうが効果があります。

 

美白化粧品は一年中使い、顔全体に使う

目元など、部分ケアをする美白化粧品は効きそうな気がしますが、美白は予防的に使うものです。美容液やクリームなど顔全体に濡れて毎日使えるもののほうが効果的です。美白化粧品は一年中使い続けられそうな使用感のよいものを選びましょう。

 

美白っぽいものではなく「美白成分」を含む化粧品を選ぼう

化粧品のパッケージがなんとなく白っぽかったり、「ホワイト○○」のような商品名がついていても、美白成分がきちんと含まれていない化粧品もあります。ビタミンC誘導体、カモミラET、油溶性甘草エキスなど、メラニン生成を抑える美白成分を含んだものを、しっかり確認してから購入しましょう。

 

スポンサードリンク

美白化粧品でシミは消えるの?関連ページ

シミの原因
シミの原因について紹介しています。シミの最大の原因は紫外線によるダメージです。その他にもシミの原因はさまざまです。シミの種類によりそれぞれに原因が違うので間違ったケアをするとかえってシミが濃くなるなど肌トラブルを起こしたりするので注意してください。シミの原因を知り、シミをつくりにくくする体になりましょう。
シミの種類と対策
多くの女性が気にするシミには、原因やでき方によっていくつか種類があります。シミが気になり始めたらどんなケアをしますか?まずは自分のシミの種類を判別して、シミのタイプに合わせたお手入れや治療をしましょう。
シミの予防とケア
シミは肌の悩みの中でも最も多いといわれています。シミを見つけたときのショックは大きいです。そんなシミを新たに作らないようにする予防法と、シミを隠す、消す、作らないようにするケア法を紹介します。シミの悩みを解消しましょう。
皮膚科でできるシミの治療
皮膚科でできるシミの治療法を紹介しています。シミの治療方法は、レーザー、フォトフェイシャル、ピーリング、レチノイン酸ケアなどいくつかあります。信頼できる医師のもとで、自分の肌の状態にあった治療を受けましょう。