シミの原因

シミの原因
スポンサードリンク

シミの原因について

シミの原因

 

シミは顔にできる淡褐色や暗褐色色の色素班です。形は不規則で境界が比較的はっきりしています。シミの原因として一般的なのが紫外線によるダメージやホルモンなどですが、その他にもいくつかの原因が考えられます。

 

シミの原因

紫外線

紫外線に当たることで、メラニンの増殖が起こって、シミになることがあります。特に、日光に当たる時間が長くなれば長いほどその可能性は高くなります。海水浴などで強い紫外線を浴びるのはシミが増える大きな原因となっています。

 

ストレス

シミができやすい人は心の悩みやストレスを抱えていることが多いです。ストレスが脳下垂体を刺激し、メラノサイト刺激ホルモンを分泌するためです。そのため精神的影響を受けるとシミができやすいといえます。ストレスをため込んでいる人は要注意です。

 

外的刺激

肌に対して、強すぎるマッサージなど過剰な摩擦を与えるとシミになることがあります。

 

タバコ

タバコを吸う人は活性酸素を発生させます。肌がどんよりとくすみやすくなったり、肌の老化が進んでしまいます。

 

合成化粧品

皮膚にとっての異物はシミの原因になります。ファンデーションやアイカラーなどのメイク用品が原因になることもあります。

 

ホルモンの乱れ、肝臓や卵巣の機能低下

妊娠や出産や更年期のホルモンバランスの乱れはシミを引き起こすことがあります。

 

妊娠の場合は妊娠1〜2カ月目にシミが目立つようになります。このシミは妊娠性肝斑と呼ばれています。通常は分娩後2〜3カ月くらいたつと自然に消えます。

 

また、加齢により、肝臓や卵巣の機能が低下すると、日光に対しての皮膚の反応が敏感になるので、シミができやすくなります。これは中年以降の女性に多く見られます。

スポンサードリンク

シミの原因関連ページ

シミの種類と対策
多くの女性が気にするシミには、原因やでき方によっていくつか種類があります。シミが気になり始めたらどんなケアをしますか?まずは自分のシミの種類を判別して、シミのタイプに合わせたお手入れや治療をしましょう。
シミの予防とケア
シミは肌の悩みの中でも最も多いといわれています。シミを見つけたときのショックは大きいです。そんなシミを新たに作らないようにする予防法と、シミを隠す、消す、作らないようにするケア法を紹介します。シミの悩みを解消しましょう。
皮膚科でできるシミの治療
皮膚科でできるシミの治療法を紹介しています。シミの治療方法は、レーザー、フォトフェイシャル、ピーリング、レチノイン酸ケアなどいくつかあります。信頼できる医師のもとで、自分の肌の状態にあった治療を受けましょう。
美白化粧品でシミは消えるの?
美白化粧品のシミに対しての効果について解説しています。美白化粧品は、予防的に使うといいです。美白成分がきちんと含まれている化粧品を選びましょう。美白化粧品は、シミのできている部位だけでなく、顔全体に使いましょう。