シミの種類と対策

シミの種類と対策
スポンサードリンク

シミの種類に合わせた対策をしよう

自分のシミの種類を判別しましょう。美白成分では改善できないシミがあることを知っておきましょう。そして、シミのタイプに合わせたお手入れや治療をしましょう。
シミのタイプが自己判断できない場合は美容皮膚科に相談をしてください。

 

シミの種類

特徴

対策・治療法

老人性色素班

老人性色素班

別名「日光性黒子」とも呼ばれていて、いわゆる日焼けの積み重ねによってできるシミです。このシミは、
紫外線の影響でできる、もっとも多く見られるシミです。とくに頬骨の高い部分に1cm大くらいまでの薄い茶色の丸い色素班ができて、時間がたつと色が濃くなり、イボのように隆
起してくることもあります。

ごく初期のうっすらしたものには、美白化粧品が効果を発揮します。ピーリングなどのケアも有効です。ただし、定着してしまったものは、皮膚の構造自体に変化が及んでいるため、美白化粧品では消えません。
シミの輪郭がはっきりしてきたものには、レーザー治療を行います。

脂漏性角化症

脂漏性角化症

 

 

日焼けによってできたシミが、濃くイボのようにボツボツと隆起してきたシミです。手の甲などにできる茶色のシミもこのタイプであることが多いものです。大きさは数mmから2、3cmほどであることが多いようで
す。

皮膚の構造そのものが変化してしまっているため、美白化粧品は効きません。レーザー治療のほか、液体窒素による凍結療法も有効です。凍結は保険がききますが、あとに色素沈着を残すこともあり、注意が必要です。

雀卵斑(ソバカス)

雀卵斑(ソバカス)

一般的には、散らばるようにできた小さなシミ全般をソバカスといいますが、医学的には遺伝的なものだけをソバカスと呼びます。多くは10代のころから小さく茶色いシミが鼻を中心に散らばるようにでき始めます。シミのひとつひとつの形が、円というよりは三角や四角をしています。白人に多く見られますが、日本人でも色白の人にみられやすいです。 理論的には美白化粧品の効果が出るはずですが、遺伝的要素が強いためか、あまり薄くならないことが多いようです。レーザー治療すればキレイに消すこともできますが、再発することもあります。

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着

ニキビなどの炎症跡が、シミになって残ったものです。虫刺され後に残るシミもこの一種です。メイクを落とすときにコットンで拭き取る、ゴシゴシ肌をこすって洗顔するなど、間違ったスキンケアをしていると、ほお全体にこのシミができることがあります。 まずは美白化粧品でお手入れをします。炎症性色素沈着には、ピーリングがいちばん即効性があります。ビタミンCイオン導入も効果的です。

肝斑

肝斑

頬骨のあたりに左右対称に現れるもやもやとしたシミです。女性ホルモンのバランスが影響していると考えられています。ホルモンバランスが乱れてくる30〜40代の女性に目立ちます。薄い茶色もしくは灰色の絵の具を太いハケでさっと塗ったような感じです。鼻の下や額に出ることもあります。 レーザー治療は不向きです。美白化粧品のケアが有効です。ピーリングとあわせると、効果が高まります。トラネキサム酸という内服薬で薄くなることが多いです。その他に「桂枝茯苓丸」という漢方が有効なこともあります。

花弁状色素班

花弁状色素班

日焼けサロンや海などで、強い紫外線を浴びた後にできる花びら状の茶色いシミです。肩から背中など上半身にできやすいです。日焼けをして数年経ってからシミがでてくる場合もあるので要注意です。 レーザー治療が確実です。それ以外では消すことは難しいようです。

 

スポンサードリンク

シミの種類と対策関連ページ

シミの原因
シミの原因について紹介しています。シミの最大の原因は紫外線によるダメージです。その他にもシミの原因はさまざまです。シミの種類によりそれぞれに原因が違うので間違ったケアをするとかえってシミが濃くなるなど肌トラブルを起こしたりするので注意してください。シミの原因を知り、シミをつくりにくくする体になりましょう。
シミの予防とケア
シミは肌の悩みの中でも最も多いといわれています。シミを見つけたときのショックは大きいです。そんなシミを新たに作らないようにする予防法と、シミを隠す、消す、作らないようにするケア法を紹介します。シミの悩みを解消しましょう。
皮膚科でできるシミの治療
皮膚科でできるシミの治療法を紹介しています。シミの治療方法は、レーザー、フォトフェイシャル、ピーリング、レチノイン酸ケアなどいくつかあります。信頼できる医師のもとで、自分の肌の状態にあった治療を受けましょう。
美白化粧品でシミは消えるの?
美白化粧品のシミに対しての効果について解説しています。美白化粧品は、予防的に使うといいです。美白成分がきちんと含まれている化粧品を選びましょう。美白化粧品は、シミのできている部位だけでなく、顔全体に使いましょう。