シワの種類・予防・対策方法

シワ
スポンサードリンク

シワを作らないようにしよう

シワ

 

肌の老化が、顕著にわかるのがシワです。化粧品ではなかなか解消できないと思われがちですが、シワにも治るシワと治らないシワがあります。くっきり刻まれた本当のシワになる前にしっかりケアしましょう。

 

 

シワの種類

 

シワの種類

特徴

ケアの方法

ちりめんジワ

ちりめんジワ 

目元、口元などによく見られる浅く細いシワ。「小じわ」と呼ばれています。乾燥が原因で起こります。子供でも、冬の乾燥の時期などに見られます。 保湿ケアをすれば元に戻ります。ただし、このちりめんジワはほかのシワとは別ものですので、これをケアしても大きなシワを予防できるわけではありません。

表情ジワ

表情ジワ 

顔の表情に合わせてできます。初期の場合、表情が戻れば見えなくなりますが、次第に戻らなくなり、真皮のシワへと移行していきます。 真皮にある繊維のコラーゲンとエラスチンを増やすケアをして、真皮のシワへの移行を予防します。フェイシャルエクササイズは、真皮のコラーゲンを傷つけてしまうので逆効果です。

真皮のシワ

真皮のシワ 

年齢を重ねたり、紫外線により、真皮にあるコラーゲンが変性・減少することで起こります。表情を動かしていないのに、額や目じりにシワが刻まれている場合は、この真皮のシワです。20代後半くらいからのシワは、ほとんどこれに相当します。 真皮にある繊維のコラーゲンとエラスチンを増やすためのケアをします。ピーリングなど美容皮膚科でしている治療もシワの改善になります。

 

気になるシワの原因

シワの原因は、乾燥だけではありません。加齢や紫外線による肌の老化が、目立つシワをつくっています。

 

表皮の下にある真皮は、おもにコラーゲンなどの繊維で構成されています。コラーゲンは肌の中でつくられますが、年齢とともに量が減り、弾力を失っていきます。肌の弾力が弱まると、表情のクセなどであらわれるシワを元に戻せなくなってしまうのです。加齢の他にも、紫外線もコラーゲンの減少や変性を速める原因になります。シワの予防・改善には、日ごろから紫外線対策とコラーゲンを増やすケアに力をいれることが大切です。

 

 

シワ対策と予防

紫外線でコラーゲンがかたくなったり、加齢によってコラーゲンが減少すると、真皮のシワの原因になります。真皮のシワができてから元に戻すのは大変ですので、早めの予防と対策が大切です。

 

紫外線対策をしっかりと

紫外線を浴びるほど、肌のコラーゲンはこわされていきます。日ごろから日焼け止めやパウダー類で紫外線をしっかりカットして、すでにあるコラーゲンを守りましょう。

 

 

ビタミンC誘導体&レチノールで肌老化防止

ケアのメインは、コラーゲンを強化するためのレチノールです。細胞に働きかけて、コラーゲンの再生を進めます。化粧水は肌に浸透しやすいビタミンC誘導体配合のものを使用し、目元などのシワにはレチノール配合の美容液を塗りましょう。

 

 

ピーリングでコラーゲンアップ

肌表面の古い角質を取り除くピーリングには、コラーゲンを増やす作用もあります。1〜2週間に一度を目安に、セルフピーリングをする習慣をつけましょう。

 

 

美顔器を使ってビタミンCのイオン導入

コラーゲンづくりに必要なビタミンCを真皮に届けるためにデイリーケアに使いたいのが、ビタミンC配合の化粧品です。ビタミンC誘導体配合化粧水をつけて導入器を肌に当て、電気の力で成分を真皮まで浸透させます。

 

 

抗酸化食品で活性酸素をブロック

コラーゲンを傷つける活性酸素の作用を抑えるには、抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eを含む食べ物を積極的にとることです。緑黄色野菜、果物、ナッツや大豆食品を多くとるのがおすすめです。

 

 

婦人科トラブルのある人は漢方薬を

年をとり、エストロゲンの分泌が減ると、コラーゲンも減少します。加齢による減少は避けられないですが、生理不順などのトラブルがある人は、漢方薬も有効です。

 

スポンサードリンク