20代のスキンケア

20代
スポンサードリンク

20代の肌状態とスキンケア方法

肌状態は、年齢とともに日々変化しています。状態が変わっているのにいつまでも同じケアを続けていては、効果も出ないし、肌にダメージを与えてしまう可能性もあります。20代には20代のスキンケア方法があります。20代の一般的な肌状態を参考にして、自分にはどんなスキンケアが必要か知っておきましょう。

 

20代前半までの肌

20代前半の肌

 

気になる肌のトラブルは?

●ニキビ ●そばかす

 

現状は?
うるおいとハリのあるツヤ美肌

10〜20代前半までは、肌の水分量、コラーゲン量とも十分です。表皮の角質層はうるおいを保ち、外的刺激から肌を守る役目を果たしています。一方、真皮のコラーゲンはしっかりとした網目状の構造をつくり、肌の弾力も十分。不規則な生活などによる肌あれやニキビをのぞき、大きな肌トラブルは起こりにくい状態です。

 

今やるべきことは何か?

見た目は肌も美しく若々しくみえても、肌老化は少しずつ始まっています。年齢を問わずに徹底して行いたいのはUVケアです。紫外線のダメージは若いころから着々と蓄積され、ある日突然シミとなって出現します。20代のころから正しい方法でUVケアをする習慣を身につけてください。また、極端なダイエットをしていたり、睡眠不足では、ターンオーバーを低下させてしまい肌にダメージを与えてしまうので注意してください。とにかく油断は禁物ということです。最優先にやることはUVケアということを忘れないでください。

 

 

 

20代後半までの肌

20代後半の肌

 

気になる肌のトラブルは?

●毛穴のたるみ ●大人ニキビ ●薄いシミ ●小じわ ●クマ ●乾燥 ●そばかす

 

 

現状は?
毛穴のたるみ、小じわ、乾燥、薄いシミなど、肌老化の初期症状が表れる

「前はメイクしたまま寝ても平気だったのになんだか最近は肌の状態が変わったみたい」など、肌の変化に気づく年齢です。肌の若々しさを保つ「エストロゲン」という女性ホルモンは25歳をピークに減り始めるといわれています。エストロゲンが減少すると肌老化が進みやすくなり、乾燥、毛穴の開き、小じわ等が現れてきます。

 

今やるべきことは何か?

生活習慣の乱れは肌トラブルのもとです。エストロゲンは加齢だけでなく不規則な生活やストレスによっても減少します。まずは健康的な生活が基本です。スキンケアでは、保湿に重点をおき、化粧水と美容液でしっかりケアしましょう。とくに化粧水は、ビタミンC誘導体配合のものを使い始めるのがおすすめです。長く続けて使用していくことで、シミやシワ、ニキビの予防になります。UVケアも忘れないようにしてください。

スポンサードリンク

20代関連ページ

30代
30代になると、ターンオーバーの速度も低下し始め、肌が乾燥したり、くすみやシワが気になってきます。30代には30代の肌状態にあったスキンケアが必要です。30代のスキンケア方法を紹介していますので、しっかりケアしてきれいな肌を保ちましょう。
40代
40歳前後は、ホルモンのバランスの変化や代謝の低下といった身体的変化も重なり、急激に肌の衰えを感じる時期です。しかし、きちんとスキンケアをしていれば、美しい肌を維持することは可能です。40代の肌状態、40代の美肌のつくりかたと今やるべきケアの方法を紹介します。