30代のスキンケア方法

30代
スポンサードリンク

30代の肌の現状とスキンケア方法

30代になると、ターンオーバーの速度も低下し始め、肌が乾燥したり、くすみやシワが気になってきます。30代の肌状態にあったスキンケア方法を紹介していますので、しっかりケアしてきれいな肌を保ちましょう。

30代までの肌

30代の肌

 

気になる肌のトラブルは?

●くすみ ●乾燥 ●シミ ●法令線、眉間のシワ ●小ジワ ●クマ ●毛穴のたるみ

 

現状は?
乾燥やくすみ。肌老化が進み年頃。毛穴の開きや小じわを自覚する人も

ケアをおこたると、肌老化が一気に進んでしまう年齢です。肌のターンオーバーが低下し始めるため、古い角質層が厚くなり、シミが目立ったり、肌がくすんで見えたりすることが増えてきます。セラミドが減少し、肌が乾燥しやすくなることもあります。真皮のコラーゲンの減少や変性によって、肌の弾力も失われていきます。

 

 

今やるべきことは何か?

30代に入ると、多くの人に老化のサインが見え始めます。守りから攻めへ、肌の代謝を高めたりコラーゲンを増やしたり、積極的なケアに切り替えていきましょう。ターンオーバーを促し肌の代謝を高めるには、ピーリングがおすすめです。家庭でできるものも、美容皮膚科で治療として受けられるものもあります。また、コラーゲンを増やしてシワを予防するためには、レチノール配合の化粧品を使うとよいでしょう。

スポンサードリンク

30代関連ページ

20代
お肌の状態は、年齢とともに変化しています。20代には20代のスキンケア方法があります。20代の一般的な肌状態を紹介していますので参考にして、自分にはどんなスキンケアが必要か知っておきましょう。
40代
40歳前後は、ホルモンのバランスの変化や代謝の低下といった身体的変化も重なり、急激に肌の衰えを感じる時期です。しかし、きちんとスキンケアをしていれば、美しい肌を維持することは可能です。40代の肌状態、40代の美肌のつくりかたと今やるべきケアの方法を紹介します。