40代のスキンケア

40代
スポンサードリンク

40代の肌状態とスキンケアについて

40代の肌トラブルは、「しみ」「しわ」「たるみ」「乾燥」「くすみ」「くま」「毛穴」などで、今あなたが抱えている肌の悩みもこのいずれかに当てはまるのでないかと思います。40歳前後は、ホルモンのバランスの変化や代謝の低下といった身体的変化も重なり、急激に肌の衰えを感じる時期です。しかし、40代というお肌の曲がり角を迎えても、きちんとスキンケアをしていれば、美しい肌を維持することは十分可能です。自分の肌の状態に合った正しいスキンケアとアンチエイジングにつながる健康的な生活、前向きな考え方で毎日を送れば、美肌を手にすることは難しいことではないのです。40代の美肌のつくりかたと今やるべきケアの方法を紹介します。

 

40代までの肌

40代の肌

 

気になる肌のトラブルは?

●脂肪(たるみ) ●顔全体のシワ ●くすみ ●シミ ●乾燥 ●クマ ●毛穴のたるみ

 

現状は?
年齢を感じるたるみが現れる。シワも広がる

40歳前後は、ホルモンバランスの変化や代謝の低下といった身体的変化も重なり、急激に肌の衰えを感じる時期です。長い時間をかけて蓄積されてきた紫外線のダメージがシミやシワとなって表面化します。女性ホルモンの分泌量が低下するため、コラーゲンの弾力が失われ、法令線や眉間のシワ、毛穴のたるみなども現れやすくなります。

 

40代で美肌をつくるには

まずは、ターンオーバーを促進すること、そして、主に紫外線による光老化を防ぐことです。ターンオーバーは、機能性化粧品や美容皮膚科で行う治療を受けたり、保湿などのケアにより促進されます。光老化を防ぐには、過度の紫外線を浴びないようにケアすることです。

 

次に内側からのケアでもっとも大切なことは栄養補給です。なかでもタンパク質はコラーゲン線維やエラスチン線維など肌のハリを保つ成分をつくる材料となるので、不足するとたるみやしわが出るなど老けた顔になってしまいます。甘いものの摂り過ぎも肌の老化を早めます。また、代謝をアップさせる食材を摂取することも重要なポイントです。

 

細胞は加齢とともに代謝が悪くなってしまうので、血行を促進して体全体の機能を活性化させることで、血色がよくなります。他にも、ターンオーバーの促進、汗や皮脂の分泌による乾燥肌の改善などの効果も期待できます。ただし、栄養補給をしても食べ物は消化・吸収・代謝され、排出されるので、その過程がスムーズにいかないと肌の調子はよくなりません。

 

胃腸を整えて消化・吸収・排泄を促進し、代謝をアップさせる食材を摂ることを意識して、健康的な食生活を心がけます。

 

普段の生活では、健康的な生活習慣を送り、ストレスをためずにポジティブ思考で生きることです。ウォーキングをしたりストレッチなどの軽い運動をすることで、基礎代謝がアップするだけでなく、リラックスや血行促進の効果があります。

 

これらがどれかが欠けても肌にはよくないので、美肌のためになることを意識した生活を送ってください。

 

今やるべきことは何か?

30代から引き続いて、積極的なスキンケアが必要です。古い角質を取り除き肌を再生させるためには、やはりピーリングが効果的です。シワにはレチノール配合の化粧品がよいでしょう。ただし、濃くなったシミや深いシワまではスキンケアだけではなかなか改善されません。美容皮膚科でレーザー治療を受けたり、レチノイン酸(レチノールと同じ種類だが医薬品なので効果が高い)を処方してもらったりするのもひとつの方法です。

スポンサードリンク

40代関連ページ

20代
お肌の状態は、年齢とともに変化しています。20代には20代のスキンケア方法があります。20代の一般的な肌状態を紹介していますので参考にして、自分にはどんなスキンケアが必要か知っておきましょう。
30代
30代になると、ターンオーバーの速度も低下し始め、肌が乾燥したり、くすみやシワが気になってきます。30代には30代の肌状態にあったスキンケアが必要です。30代のスキンケア方法を紹介していますので、しっかりケアしてきれいな肌を保ちましょう。